麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
麻雀用語辞典 29.強打、供託、供託棒、共通安全牌、局、嫌う、切り上げ、切り上げ満貫、切り返し、切り込み隊長

麻雀用語辞典 29.強打、供託、供託棒、共通安全牌、局、嫌う、切り上げ、切り上げ満貫、切り返し、切り込み隊長

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

強打(キョウダ)

 強打とは。昔、私もけっこうやっていたかな。何か要らない牌を河に切るときに、普通はトンという感じで河に置きますよね。あるいは、すっと置く人もいます。強打は、当たれ!みたいな感じで強く置く。牌がひっくり返っちゃう。投げるようにして置くのも強打の一つなんですが、いけませんよ、強打。強打は慎みましょうね。でも、つい、通るか!?と強く置いてしまう人、私もそうですけど、やってしまうことがあるので、気を付けましょうね、強打。

供託(キョウタク)

 供託とは。リーチをかけていて、流局してしまうケースありますね。リーチをかけていて流局してしまったら、そのリーチ棒は次の親のところに供託されるといいます。そういう意味です。供託というのは、かけていたリーチ棒が流局してしまったために誰のもとにも行かないで、供託されるという意味合いです。

供託棒(キョウタクボウ)

 供託棒とは、流局時にリーチ棒を次の親の右端に置いて、次に和了った人が持っていけますよという時のリーチ棒。1本場積んで供託すると。1本場のマークは機械ですることもあるかもしれませんが、供託された棒はリーチ棒のことです。

共通安全牌(キョウツウアンゼンパイ)

 共通安全牌というのは、例えばAさんとBさんがリーチかかった。Cさんもリーチかかった。3人に共通の安全牌という意味合いで使うときもありますし、AさんとBさんからリーチかかって、2人に通る牌、共通に通る牌を共通安全牌と言います。3人の場合もそうですけれども、複数で危険な聴牌している相手に対して、共通安全牌はないかなとか思いながら、「あった、あった、場に3枚切れているだ」とかいう話に使えます。共通に通る牌、安全牌、共通安全牌です。

局(キョク)

 局とは、ゲームの最小単位といってもいいでしょう。東1局とか東2局とか、南3局とかいうゲームの進め方をしますけれども、1勝負、その局。誰が和了るのかな、誰も和了らないのかな。1局、局。その単位の話です。

嫌う(キラウ)

 嫌うとは。良い手だな、良い手だな、良い手だな、良い手だな、良い手だな。手牌をご覧ください。

 どれ切りますか。じゃあ、辺張のを嫌っていこうか。この辺張、もうどうせきれいな手ですから、この辺張のを2つとも落とす。辺張を嫌う。あるいは、嵌張を嫌うというときもあります。嵌張を嫌っていこうかとか、ある部分を、ターツになっている部分とかトイツになっている部分とか、嫌っていく。嫌うといいます。複数の牌、セットになっている複数の牌を嫌っていくという言い方。嫌う。そういうときに使います。

切り上げ(キリアゲ)

 切り上げとは。符計算が嫌いな人、多いと思うんです。符の計算なんて面倒くさいよと。確かに。でも、面倒くささを少し和らげているのが切り上げという考え方で、22符、24符、26符、28符と、2符単位で符が出てくるんですけれども、面倒くさいから切り上げていくんだと。22は30、24も30、26も30、28も30。そういう符計算のときに端数を切り上げて10符単位にしていくことを切り上げといいます。

切り上げ満貫(キリアゲマンガン)

 切り上げ満貫は2通りありまして、符が30符で4役、あるいは60符で3役。つまり、子供の場合は7700点、親の場合は1万1600点という場合ですね。昔は親だと一一六(ピンピンロク)とか、子供だと7700点、七七(ナナナナ)とかいって、和了っていたんですけれども、今は切り上げ。30符の4役は8000点、1万2000点の満貫に切り上げて計算しているというお話でございます。暗槓したときもそうです。1・9字牌を暗槓して、和了ったときなんかも計算は切り上げています。そのときに使っております。切り上げ満貫。

切り返し(キリカエシ)

 切り返しとは、空切りのことです。をツモってきて、手牌の中のを切る。をそのままツモ切りすればいいのに、わざわざ手の中のを切って、何か有効牌を引いてきたようにする行為。これを切り返し、別称では空切りという言い方もあります。

切り込み隊長(キリコミタイチョウ)

 切り込み隊長とは、リーチがかかっているときに特に使いますけれども、無筋というか、通っていない筋をビューン、ビューンと切っていってくれる人、もう切り込んでいってくれる人。俺の後に付いてこいみたいな、そんな感じで無筋を切り飛ばしてくる人。これを切り込み隊長といって、非常に頼りがいのある人でございます。私も切り込み隊長になってみたいな。

関連するカテゴリー

 『麻雀のすべて』 (総合ページ)

記事提供元

「麻雀のすべて」
最新の情報はコチラから http://mjall.jp/
 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top