麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
はじめての麻雀 6.麻雀の和了り方(あがりかた)

はじめての麻雀 6.麻雀の和了り方(あがりかた)

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 麻雀の和了り方(あがりかた)を説明します。

 この手牌は下のように分解できます。

の対子(トイツ)

  の順子(シュンツ)

の刻子(コーツ)

4組の順子や刻子と1組の対子があります。この対子を頭と呼び、どの牌でも構いません。対子が1組、3枚1組の組み合わせが4組できていれば、和了れます。

 この手牌は下のように分解できます。

の対子

 の順子

 の刻子

順子が2組、刻子が2組あり、頭があります。これらは14枚の牌がある和了った時の状態です。和了るまでは13枚の手牌に、1枚引いてきて1枚捨てる事を繰り返します。

 の部分は順子に1牌足りない両面待ちです。で和了れます。あと1つで和了れる状態を聴牌(テンパイ)と言います。

 例えばが対子になればテンパイです。を自分で持ってくると「ツモ」と言って和了ります。牌を持ってくることを自摸る(ツモる)と言います。誰かが捨た時は、「ロン」と言って和了ります。和了る用語はツモとロンの2つです。

 これはの間ので和了れます。

 これはで和了れます。

 麻雀の和了り方はこのようになっています。

関連するカテゴリー

 『麻雀のすべて』 (総合ページ)

記事提供元

「麻雀のすべて」
最新の情報はコチラから http://mjall.jp/
 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top