麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

發王戦 決勝進出者決定!

發王戦 決勝進出者決定!
対局結果
2017年01月31日 18:20

 <發王戦>◇準々決勝・準決勝◇29日◇東京・ばかんす

 最高位戦日本プロ麻雀協会のタイトル戦「發王戦」の準々決勝~準決勝が1月29日、東京・神楽坂のばかんすで行われた。

 準々決勝では第24期發王位の中嶋和正は1位通過で勝ち上がりを決めたものの、近藤誠一最高位、忍田幸夫将王の各団体チャンピオンがこのベスト16で敗退という波乱。一方、全国予選を勝ち上がってきた野村勇介さん(大阪代表)、瀬本裕志さん(関東代表)が揃って準決勝に進出という快進撃。

 そして準決勝では準々決勝のB卓、C卓で勝ち上がった二人がそのまま決勝勝ち上がりとなった。TwinCupで優勝した松本吉弘、大阪代表の野村勇介さん、發王戦を制覇すると最高位戦グランドスラムとなる村上淳、最高位戦関西本部の清水裕貴が勝ち上がり、前年度覇者の中嶋和正もここで涙を飲んだ。

 詳しい対局結果は最高位戦ホームページをご参照下さい。

 決勝戦(半荘5回戦)は2月5日(日)、スリアロチャンネルで配信される。

 

【決勝対局者】

松本吉弘(日本プロ麻雀協会)
村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)
野村勇介(大阪代表)
清水裕貴(最高位戦日本プロ麻雀協会関西本部)

※以下写真は最高位戦ホームページから引用させて頂いております。

20170131_170131_0010-300x225

20170131_170131_0008-300x225

20170131_170131_0009-300x225

20170131_170131_0007-300x225

【解説】
近藤誠一、石橋伸洋、中嶋和正

【実況・MC】
浅見真紀

【發王戦概要】
1992年創設。毎年年始に本戦が行われるオールカマーのタイトル戦。
タイトル戦では珍しくトーナメント方式を採用しており、同じ面子で規定数(1回戦 – 4回戦まで半荘2回、5回戦 – 準決勝まで半荘3回)を打ち、上位2名が勝ち残りとなる。
決勝戦は半荘5回のトータルで競われる。

この記事を書いた人

麻雀ウォッチ編集部
麻雀ウォッチ編集部Twitter:@mjnewsnet
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。
■この投稿者の記事一覧

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)