麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
熊本大学大学院 皆倉諒さんが優勝!/アモスグランドチャンピオンシップ2020-2021 学生麻雀日本一決定戦

熊本大学大学院 皆倉諒さんが優勝!/アモスグランドチャンピオンシップ2020-2021 学生麻雀日本一決定戦

BULL2021求人ニルウッドカバー

〈以下プレスリリースより〉

日本最大の学生麻雀団体である一般社団法人学生麻雀連盟(理事長:正能和仁、所在地:東京都渋谷区、以下 学雀連)は、2021年3月7日(日)に「アモスグランドチャンピオンシップ2020-2021 学生麻雀日本一決定戦」(以下 本大会)を開催いたしました。

大会結果

第6回目の開催となった本大会はコロナウィルスの関係により、麻雀ゲーム「雀魂」を使用しての、初のオンライン開催となりました。本大会には、2020年度に学雀連が主催・共催した、各大会の優勝者および上位入賞者の16名が出場。総参加者数2,533名の頂点に立ったのは、熊本大学大学院の皆倉諒さんです。本大会は予選3ゲームを行い、合計スコアの高い上位4名が決勝戦に進出。決勝戦はポイントをリセットし、1ゲームのスコアで優勝者を決定いたしました。

予選開始前に皆倉さんは、「なるべくミスを少なく、負けても仕方がなかったなと言えるぐらいの打牌ができるように頑張ります」とコメントし、決勝進出のボーダーラインである4位で決勝戦へと駒を進めます。決勝に進んだのは、瀬山洸允さん(立教大学)、高塚遼市さん(名古屋工業大学)、佐藤公葵さん(早稲田大学)、皆倉諒さん(熊本大学大学院)です。(予選通過の順位順)

決勝戦の開幕となる東1局は、親番の佐藤さんの跳満ツモアガリでスタート。東2局では、皆倉さんが5,200点をツモアガり2位に浮上します。東3局2本場、皆倉さんは満貫のドラタンキ待ちで攻めるも、高塚さんへ放銃。しかし東4局、親番の皆倉さんは、トップの佐藤さんから満貫を出アガり一気にトップへ浮上。続く東4局1本場では瀬山さんから跳満を出アガり、親番で30,300点の加点をします。

決勝戦:トップ浮上となった親番での満貫出アガリ

皆倉さんのトップで南場に突入。南3局1本場、皆倉さんはヤミテンでの満貫を高塚さんから出アガり、58,500点持ちのトップで親番のオーラスを迎え、最後はノーテンでゲームを終了させ優勝を決めました。

優勝インタビューでは、「信じられないです。途中降りようと思ってもツモが許してくれず、いけるところまでいこうと思いました。来年以降も学生麻雀が盛り上がれば嬉しいので、1ファンとして応援していきます」とコメント。

大会結果 ※敬称略

優勝

皆倉諒(熊本大学大学院)

準優勝

佐藤公葵(早稲田大学)

3位

高塚遼市(名古屋工業大学)

4位

瀬山洸允(立教大学)

解説者:小林剛プロのコメント

小林剛プロ(Mリーグ:U-NEXT Pirates / 麻将連合 所属)

こういった大会を見ると、年々学生のレベルが上がっていることを感じます。麻雀の放送やネット麻雀が増えてどんどんレベルが上がり、彼らが私の年代になる頃には、どれぐらい強い人がいるのか、非常に楽しみでもあり、うかうかしてられないなという気持ちがあります。今日は大変勉強になりながら、解説させていただきました。学生時代の麻雀友達は今でも繋がっています。学生時代の人脈は卒業しても続くものですので、学生の間思いっきり麻雀を楽しんで、思いっきり勉強して、卒業してからも広めていってもらいたいなと思います。

解説者:山田独歩プロのコメント

山田独歩プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会 所属)

去年の開催からの1年間はコロナウィルスの影響で、思うような活動ができなかったかと思います。けれど、ネット環境を使っていろんな人と麻雀を打ったり、後半からは実際に麻雀卓を使って打つ場面も設けられたかと思います。皆さんがグラチャンに参加してくださることを有り難く思います。まだ油断を許さない状況が続いてますが、皆さんが安心して大会に参加していただけるよう、来年のグラチャン開催に向けて学雀連も取り組みますので、引き続きご参加をお願いします。

協賛社

大洋技研株式会社は、大洋化学株式会社と大洋ユニマック株式会社とのグループ会社で、麻雀製品の製造事業を行っています。全自動麻雀卓のシェアは国内トップで、公式サプライヤーを務める麻雀プロリーグ「Mリーグ」でも使用されています。2015年より学生麻雀界の発展のため、本大会への協賛を頂いています。

雀魂(じゃんたま)とは

2020年11月に登録ユーザー数が250万人を突破した、オンラインで全世界のプレイヤーとリアルタイムで対戦できる麻雀ゲームです。全世界のプレイヤーと対戦できる「段位戦」、友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」が設けられています。麻雀の初心者から上級者まで幅広く楽しめるのが特徴です。

一般社団法人学生麻雀連盟について

学雀連は、年間延べ約2,500人の学生が参加する、大会およびイベントを主催・共催しております。学雀連では無料の加盟制度を設けており、現在88団体(高校から大学の麻雀部およびサークル)の団体加盟と、2,100人超えの小学生から大学院生までの個人加盟があります。麻雀はゲームとしての面白さは元より、論理的思考や状況判断力など、さまざまなスキルを身につけることが可能です。麻雀は老若男女問わず遊べて、コミュニケーションツールとしても素晴らしいゲームです。若い世代に頭脳スポーツとしての麻雀を広め、競技麻雀の発展および社会的地位の向上を目指します。

大会概要

イベント名

「アモスグランドチャンピオンシップ2020-2021 学生麻雀日本一決定戦」
https://sma-gc.com/

開催日時

2021年3月7日(日)

会場

オンライン(Web版・アプリ版、どちらでも参加可能)

参加資格

◆以下3つの条件を全て満たす方
①学雀連に加盟している小学生以上の学生
②オンライン麻雀「雀魂」のIDを持っている
③学雀連Twitter(https://twitter.com/gakujanren)、学雀連LINE(http://line.me/ti/p/%40gakujanren)のうち、 少なくともどちらかをフォローしている

競技ルール

学雀連ルールに準拠(https://gakusei-majan.com/rule/
※一部ネット対戦向けに変更あり

システム

16名による個人戦。予選3ゲームの合計スコア上位4名が決勝戦に進出。
決勝戦はポイントをリセットし、1ゲームのスコアで優勝者を決定。
※決勝戦と同時に、5〜8位、9〜12位、13〜16位の順位決定戦も行います

実況・解説

M C:小林未沙(賢プロダクション所属 / 声優・ナレーター / 麻雀キャスター)
解説:小林剛プロ(Mリーグ:U-NEXT Pirates / 麻将連合 所属)
解説:山田独歩プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会 所属)

配信アーカイブ

賞品

<優勝>
全自動麻雀卓AMOS JP2・優勝トロフィー・優勝メダル
<準優勝・3位>
入賞トロフィー・入賞メダル
<4位〜16位>
入賞メダル

協賛社

大洋技研株式会社(http://www.taiyo-chemicals.co.jp/business/mahjong/

協力

雀魂(https://mahjongsoul.com/

主催

一般社団法人学生麻雀連盟(https://gakusei-majan.com/

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top