麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【7/22 シンデレラファイト Final 結果】三浦ももこが圧倒的な3連勝で完全優勝を達成!

【7/22 シンデレラファイト Final 結果】三浦ももこが圧倒的な3連勝で完全優勝を達成!

BULL2021求人朝宮あろま

”8日間のサバイバルマッチ”として生まれ変わった『シンデレラファイト』。Final が7月22日に行われた。

渋谷ABEMAS 多井隆晴がゲスト解説を担当した。

放送URL

ABEMA:https://abema.tv/channels/mahjong/slots/8T8i3uCFVjKFPV
YouTube:https://youtu.be/s9WJ4824CcE
OPENREC:https://www.openrec.tv/live/ovrd7x51xrj
ニコ生:https://live.nicovideo.jp/watch/lv337794248

Final 出場選手

決勝進出者

Mリーグルールで3戦戦い、優勝者を決定する。

Final #1対局の様子

開局から2局連続でアガリを決めた陽南が一歩リードする展開。

東1局 陽南の8000
東2局 陽南の3900

東3局は三浦が1300・2600のアガリ。

東3局 三浦の1300・2600

東4局は柚月が早いリーチ。ツモって裏2の2000・4000で巻き返す。

東4局 柚月の2000・4000

南1局は親の柚月がドラポンに出たが菅野が2000・4000のアガリで上位に詰め寄った。

南1局 菅野の2000・4000

南2局は三浦がドラポンの仕掛けを入れるも菅野が2900のアガリで連荘。

南2局 菅野の2900

南2局1本場も親の菅野が先制リーチ。しかし仕掛けた三浦が1000・2000のアガリを決めた。

南2局1本場 三浦の1000・2000

南3局は仕掛けた三浦がトップ目の陽南から8000のアガリを決めてトップ目に浮上してオーラスへ。

南3局 三浦の8000

南4局は親の三浦が南を暗刻としたリーチ。ツモって裏1で更にリードを広げた。

南4局 三浦の4000オール

南4局1本場は親の三浦のリーチに対して菅野、陽南も聴牌。親の三浦が2人のロン牌[3]を掴み、頭ハネで菅野が8000のアガリで2着を確保、三浦がトップキープとなった。

南4局 菅野の8000
#1終了時点のスコア

Final #2対局の様子

東1局は各者が仕掛ける展開。陽南が2000点のアガリを決める。

東1局 陽南の2000

東2局は柚月がドラドラの手から仕掛けて進行、ドラを暗刻としてツモって2000・4000で一歩リード。

東3局 柚月の2000・4000

東3局は三浦が三色ドラ1の先制リーチ。リーチ時山に3枚いたがこれは流局に。

東3局 三浦のリーチ

東3局1本場は柚月と三浦の2軒リーチ。しかしここも流局となった。

東3局1本場 柚月のリーチ
東3局1本場 三浦のリーチ

東4局2本場はまたも三浦のリーチ。親の柚月もドラ単騎のチートイツ聴牌を入れるがまたも流局に。

東4局2本場 三浦のリーチ
東4局2本場 柚月の聴牌

東4局3本場は陽南と菅野の2軒リーチ。ここは陽南が制して5200のアガリを決めた。

東4局3本場 陽南の5200

南1局は2軒リーチを制して親の三浦が5800のアガリで連荘。

南1局 三浦の5800

南1局1本場はドラポンの菅野に対して親の三浦が仕掛けて押しきり1000オールでトップ目に浮上した。

南1局1本場 三浦の1000オール

南1局2本場は陽南が先制リーチで2000・4000、僅差ながらもトップ目に立った。

南1局2本場 陽南の2000・4000

南2局は仕掛けた陽南が一人聴牌で連荘、その後の1本場も陽南が仕掛けて聴牌を入れたが菅野が追いついてリーチ。陽南から8000のアガリを決めてさらなる混戦に。

南2局1本場 菅野の8000

南3局は柚月が先制リーチも流局、息詰まる僅差のオーラスを迎えた。

南3局 柚月のリーチ

南4局1本場は三浦が仕掛けてアガリを決めて逆転トップ、連勝でシンデレラの座に大きく近づいた。

南4局1本場 三浦の5200
#2終了時点のスコア

Final #3対局の様子

トータルスコアが2位の菅野が東家、3位の陽南が南家、4位の柚月が西家、1位の三浦が北家の並びでの対局に。

三浦は大きく点差をつけることに成功。2位の菅野は64900点差のトップラス、3位の陽南は70000点差のトップラス、4位の柚月は72900点差のトップラスが条件となった。

東1局 柚月の700・1300

東2局は親の陽南に大物手が。しかし三浦がダマテンで2000・4000を決めてリードを得る。

東2局 三浦の2000・4000

東3局は柚月に四暗刻のイーシャンテンが入るも仕掛けての聴牌に。アガリには至らず連荘となった。

東3局 柚月の聴牌

東3局1本場は菅野が先制リーチ。安めながらも700・1300のアガリとなった。

東3局1本場 菅野の700・1300

東4局は親の三浦が更に畳み掛ける。6000オールを決めて3連勝に大きく近づいた。

東4局 三浦の6000オール

東4局1本場は3軒聴牌に。追いかけリーチの柚月が三浦から維持の12000直撃を決めた。

東4局1本場 柚月の12000

南1局は親の菅野が先制リーチに出るも陽南が四暗刻単騎にたどり着く。

南1局 陽南の四暗刻単騎聴牌

しかしアガリを決めたのは菅野、6000オールで連荘となった。

南1局 菅野の6000オール

南1局1本場は三浦が手を緩めず先制リーチ。追いついた親の菅野から3900のアガリを決めた。

南1局1本場 三浦の3900

南2局は親の陽南がチートイツの聴牌を入れるも先制リーチの三浦がアガって1000・2000のアガリで局を進めた。

南2局 三浦の1000・2000

南3局も三浦が仕掛けてアガってオーラスを迎えた。

南3局 三浦の1000

南4局、菅野はダブル役満ツモ条件、陽南、柚月はダブル役満直撃条件となった。

流局決着で三浦が3連勝、圧倒的なリードで完全優勝を決めた。

最終スコア

優勝した三浦は「まずは両親、そして応援してくださって皆様に感謝します、これからも良い麻雀が打てるように精進していきます。みんなありがとう!そして戦ってくれた23名のライバルの皆も本当に優しくて暖かくて、敗退したみんなの為にもいい戦いをしたいなと思っていました。お祝いの品はウイスキーでお願いします!」と優勝の喜びを語った。

シンデレラファイト開催日程

■1st Stage(4人麻雀)
5月20日(金)Day1

5月27日(金)Day2

6月3日(金)Day3

6月10日(金)Day4


■2nd Stage(3人麻雀)
6月17日(金)Day5

6月24日(金)Day6

■特別企画番組
7月1日(金)

■Semi Final(ABEMA)
7月15日(金)


■Final(ABEMA)
7月22日(金)

1st Stage、2nd Stageは、麻雀プロ団体Liveチャンネル(YoutubeOPENREC)、麻雀スリアロチャンネル(ニコニコ生放送)で放送予定。
ダイジェスト番組、SemiFinal、FinalはABEMAで放送予定。
全日程18時開始で、全試合生放送予定。

関連記事

日向藍子(実況)・綱川隆晃(解説)・松田麻矢(公式サポーター)のインタビューと先行カットはこちら

▼サバイバルシステムや日程の詳細はこちら

▼出場選手紹介はこちら

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top