麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
山本ひかるが全連対でCブロック首位に/ 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第1節Cブロック2卓

山本ひかるが全連対でCブロック首位に/ 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第1節Cブロック2卓

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 麻雀スリアロチャンネルの本格女流リーグ戦「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 」予選第1節Cブロック2卓が12月18日に開催された。

▼放送URL
麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第1節Cブロック2卓



【対局者】(写真左から)
山本ひかる(RMU)
丸山奏子(最高位戦日本プロ麻雀協会)
中月裕子(日本プロ麻雀協会)
月城和香菜(日本プロ麻雀協会)
1回戦目、2回戦目は丸山、山本、中月、月城という並びとなった。1回戦では道中6000オールを決めた丸山が逃げ切り、オーラスに山本が満貫をツモり2着に浮上した。2回戦目では山本が東1局にリーチ・一発・ツモ・タンヤオ・平和・二盃口という4000・8000のアガリを決めたが、東2局に丸山が山本から8000を直撃、南1局のリーチ・ツモ・發・ドラの2000・4000でトップ浮上。南2局の親番で山本が一時トップに立つも、その後再び丸山が親番で12000をアガり大きなトップとなった。

3回戦は序盤は接戦で進んだが1、2回戦でラスと苦しんだ月城が奮起。東3局で山本から8000をアガりトップ目に、南2局でも2軒リーチをかいくぐり2000・4000をアガりトップを勝ち取った。

4回戦はここまですべて2着の山本がリーチ・ツモ・一盃口・ドラ2の2000・4000をアガり好スタート。東3局1本場でも2000・4000のアガリでリードを広げた。中月が苦しいながらも2着となった。

トータル+101.7となった山本は「手がずっと良くて勝つことができましたが、うまく打てていなかったところもあるので見直して勉強しようと思います。応援、ご視聴してくださった皆様ありがとうございました!」と語った。

来週12月25日の12時から第2節Aブロック1卓が開催される。対局メンバーは篠原冴美、里中花奈、高橋朱里、吉田葵となる。


関連リンク

 

 

 

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top