麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
里中花奈が2トップでグループ首位へ/ 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第3節Aブロック1卓

里中花奈が2トップでグループ首位へ/ 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第3節Aブロック1卓

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 麻雀スリアロチャンネルの本格女流リーグ戦「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018」予選第3節Aブロック1卓が2月12日に開催された。

▼放送URL
麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 予選第3節Aブロック1卓

 

【対局者】(写真左から)
高橋樹里(最高位戦日本プロ麻雀協会)
里中花奈(RMU)
涼宮麻由(日本プロ麻雀協会)
山田佳帆(最高位戦日本プロ麻雀協会)

Aブロック2位の涼宮、3位の里中、5位の高橋、8位の山田の対局となった。

対局前のポイント状況

1回戦では涼宮と里中のトップ争いだったが、南1局の涼宮の親番で里中が涼宮の当たり牌を止めきり2000・4000を決めてトップ。山田は苦しい戦いだったがオーラスで3着に浮上した。

南1局1本場 里中の2000・4000

2回戦は接戦のまま南入。しかし溜まった供託の回収に成功した里中と南3局で12000をアガった涼宮が接戦となったが山田が3着確定のアガリで里中の逃げ切りとなった。

3回戦では1、2回戦で苦戦した高橋が東2局1本場でリーチ・一発・ツモ・三暗刻・役牌・赤の3000・6000でトップ目に立つとリードを広げたまま局を進め逃げ切った。

4回戦では東2局の親番で山田が5800、4000オールでリードを得るも東4局5本場で高橋が12000と供託5本を獲得する大きなアガリ。そのまま南1局の親番で涼宮のリーチに追い掛けタンヤオ・平和・三色の一発ツモで6000オール。一気に山田を抜き去りトップとなった。このトップで高橋はグループ5位まで浮上。しかしプレーオフ圏内の4位までは一歩足りず、別卓の結果待ちとなった。

今節+49.8でトータル+167.3の1位となった里中は「2節目でマイナスしてしまったので現在首位までこれたことは非常に嬉しいです。連勝できたので、後半2戦は無理しないように心がけましたが、オリすぎてしまったところもあるのでその部分を修正していければなと思います。」と今後に向けて語った。

次回は2月19日の12時から第3節Aブロック2卓が開催される。対局メンバーは柚花ゆうり、篠原冴美、鶴海ひかる、吉田葵の対局となる。

関連リンク

 

 

 

 

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top