麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
滝沢が開局8000オール!風林火山が3位浮上 第2戦は23局の大激戦を雷電が制す【Mリーグ 10/16結果】

滝沢が開局8000オール!風林火山が3位浮上 第2戦は23局の大激戦を雷電が制す【Mリーグ 10/16結果】

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は10月16日に、赤坂ドリブンズ 対 EX風林火山 対 渋谷ABEMAS 対 チーム雷電 の対戦が行われた。

第1戦は風林火山・滝沢の8000オール(リーチ・ツモ・チートイツ・ドラ4)でスタート。

リードを生かしてゲームを進め、54100点の大きなトップを取った風林火山は借金を返済し、トータル9.0ポイントで3位に浮上した。

首位のABEMASの多井は、オーラスに8000点(+300点)をアガって瀬戸熊を逆転。このゲームをプラスで終えた。

1位 滝沢(風林火山) 74.1
2位 多井(ABEMAS) 10.2
3位 瀬戸熊(雷電) ▲15.8
4位 たろう(ドリブンズ) ▲68.5

第2試合は23局に渡る大激戦となった。

風林火山の亜樹が東3局に連荘を重ねて大きくリードしたが、南場に入ってこの日唯一の連投となった雷電・瀬戸熊の豪腕が炸裂。

6000オール、4100オールとアガって、一気に亜樹を逆転し、突き放した。

続く2本場、亜樹は瀬戸熊とのリーチ合戦を制し、瀬戸熊から8600点の直撃に成功。

再びトップを逆転したが、南2局に瀬戸熊が再逆転。

しかしここ割って入ったのが、ドリブンズの園田。

オーラスの親で8100オール、4200オールと連荘を重ね、マイナス13400点持ちから65200点差あった亜樹を逆転した。

瀬戸熊には届かなかったが、あわやという強烈な追い上げを見せた。

1位 瀬戸熊(雷電) 69.1
2位 園田(ドリブンズ) 13.2
3位 亜樹(風林火山) ▲12.5
4位 白鳥(ABEMAS) ▲69.8

ABEMASはポイントを減らしたものの、首位をキープ。

ドリブンズは園田の粘りで2位に踏みとどまった。

風林火山がトータル▲3.5ポイントで3位に浮上。

雷電は瀬戸熊の活躍でマイナスを減らして上位を伺う。

 

次回10月18日はKONAMI 麻雀格闘倶楽部、セガサミーフェニックス、チーム雷電、U-NEXT Piratesが対戦する。

 

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 ABEMAS 302.0 14/80
2 ドリブンズ 109.2 12/80
3 風林火山 ▲3.5 10/80
4 フェニックス ▲6.1 6/80
5 Pirates ▲19.6 14/80
6 雷電 ▲124.0 10/80
7 麻雀格闘倶楽部 ▲258.0 14/80
個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 多井(ABEMAS) 153.7 3
2 近藤(フェニックス) 136.6 2
3 松本(ABEMAS) 134.6 5
4 園田(ドリブンズ) 87.8 4
5 村上(ドリブンズ) 66.6 4
6 滝沢(風林火山) 63.0 4
7 朝倉(Pirates) 54.9 4
8 瀬戸熊(雷電) 50.1 4
9 白鳥(ABEMAS) 13.7 6
10 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲10.8 2
11 勝又(風林火山) ▲24.5 2
12 小林(Pirates) ▲25.2 6
13 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲36.3 7
14 亜樹(風林火山) ▲42.0 4
15 たろう(ドリブンズ) ▲45.2 4
16 石橋(Pirates) ▲49.3 4
17 魚谷(フェニックス) ▲58.0 1
18 黒沢(雷電) ▲66.8 2
19 茅森(フェニックス) ▲84.7 3
20 萩原(雷電) ▲107.3 4
21 佐々木(麻雀格闘倶楽部) ▲210.9 5

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top