麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
勝又がMリーグ史上初の三倍満を決めて2勝目!黒沢も2勝目達成、残るラス無し記録は亜樹のみに【Mリーグ 11/20結果】

勝又がMリーグ史上初の三倍満を決めて2勝目!黒沢も2勝目達成、残るラス無し記録は亜樹のみに【Mリーグ 11/20結果】

CABO求人ニルウッドカバー

 麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は11月20日に、 EX風林火山 対 渋谷ABEMAS 対 UNEXTパイレーツ 対 チーム雷電 の対戦が行われた。

 第1試合は、風林火山から勝又、ABEMASから松本、パイレーツから小林、雷電から黒沢が出場。

場が大きく動いたのは流局2局の後の東3局2本場。親の黒沢が赤1の三面ノベタン聴牌をリーチせず、次巡にを引き、亜両面のタンヤオ・平和・赤となってからリーチしてツモ。裏も乗り6000オールのアガリとなった。

東3局2本場 黒沢の6000オールのアガリ ©AbemaTV

その後は黒沢が優位な展開で場は進み、オーラスは松本と小林の2位争いに。二人とも聴牌で挙がったほうが2位となる場面だったが松本のあがりとなった。勝又はMリーグ初ラスを喫した。

2勝目を挙げた黒沢は「個人としてもチームとしてもしばらくトップが取れていなかったのでトップが取れてうれしいです。苦しいながらもチームはなんとか2着を確保してきたりしたので、ここからもっと伸ばしていきたいです。瀬戸熊プロのアドバイスを受けて、萩原さんと三人で一丸となって頑張っています。東3局2本場は、もうすこし打点をつけてあがりたいとおもってダマにして、高くしてあがれたので良かったです。苦しい間にも皆さんの応援がとてもありがたいです。この先も頑張ります!」と語った。

インタビューを受ける黒沢 ©AbemaTV

1位 黒沢(雷電) +59.1
2位 松本(ABEMAS) +5.3
3位 小林(Pirates) ▲19.2
4位 勝又(風林火山) ▲45.2

 第2試合は、風林火山から勝又、ABEMASから白鳥、Piratesから小林、雷電から瀬戸熊が出場。

東1局は勝又が瀬戸熊からの5200のアガリでスタート。東2局には瀬戸熊の早いリーチに白鳥が筋を追って捕まり12000の痛い放銃。

しかし、その後白鳥は粘りながらも細かいあがりを拾い続け、南3局には27100点持ちの2着目に。この親番で先制リーチ。トップ浮上なるかと思われた。

リーチ時点は山に5枚、ドラの6pも二枚あったが… ©AbemaTV

しかし小林のチーによりドラのが二枚勝又に流れ、カンツに。聴牌して最後のツモ番のみを残した巡目で暗槓してリーチ。

そして海底牌は。リーチ・一発・ツモ・ドラ6・裏1の6000・12000のアガリに。白鳥には非情な結末となった。

勝又の3倍満のアガリ ©AbemaTV

オーラスは瀬戸熊が待ちの一気通貫のみの聴牌に対して白鳥がを対子にして七対子の単騎。小林がイーシャンテンで瀬戸熊にも危ないを止めるなど見ごたえ溢れる一局となったが、瀬戸熊がツモあがりとなった。2位争いは瀬戸熊が制し、小林が初ラスを喫した。

これで2勝目となった勝又は「1戦目ラスだったので取り戻せてホッとしています。チームの皆さんの信頼に応えたいという一心でした。あの三倍満の手は、危険牌を持ってきたら対応も考えましたが、聴牌入ったなら勝負だなと。今はチーム一丸となって集中して対局できています。優勝に向けてこのまま頑張っていきますので応援よろしくお願いいたします。」と語った。

インタビューを受ける勝又 ©AbemaTV

1位 勝又(風林火山)+75.6
2位 瀬戸熊(雷電)▲2.2
3位 白鳥(ABEMAS)▲26.2
4位 小林(Pirates) ▲47.2

次回11月22日(木)はEX風林火山、赤坂ドリブンズ、セガサミーフェニックス、KONAMI麻雀格闘倶楽部が対戦。

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 245.3 34/80
2 ドリブンズ 141.7 34/80
3 ABEMAS 93.2 34/80
4 フェニックス ▲41.2 32/80
5 Pirates ▲73.3 38/80
6 雷電 ▲140.2 32/80
7 麻雀格闘倶楽部 ▲225.5 36/80

Piratesが5位に後退した

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 多井(ABEMAS) 194.2 9
2 園田(ドリブンズ) 147.3 10
3 亜樹(風林火山) 128.5 13
4 瀬戸熊(雷電) 84.0 12
5 滝沢(風林火山) 81.1 10
6 茅森(フェニックス) 79.1 11
7 松本(ABEMAS) 55.4 10
8 朝倉(Pirates) 42.5 9
9 勝又(風林火山) 35.7 11
10 近藤(フェニックス) 30.6 10
11 黒沢(雷電) 27.4 8
12 小林(Pirates) 7.0 15
13 たろう(ドリブンズ) 4.0 13
14 村上(ドリブンズ) ▲9.6 11
15 寿人(麻雀格闘倶楽部) ▲29.5 15
16 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲63.7 10
17 石橋(Pirates) ▲122.8 12
18 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲146.8 9
19 魚谷(フェニックス) ▲150.9 11
20 白鳥(ABEMAS) ▲161.7 14
21 萩原(雷電) ▲251.6 12

勝又、黒沢が浮上。小林は12位に。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top