麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【Mリーグ】2019シーズン試合ルール 最低出場試合数10試合 最高出場試合数45試合 ポイントの持越し割合 個人賞を発表

【Mリーグ】2019シーズン試合ルール 最低出場試合数10試合 最高出場試合数45試合 ポイントの持越し割合 個人賞を発表

CABO求人全自動麻雀卓スリム

2019年9月30日開幕のMリーグ。今シーズンのシステム、出場試合規定数、個人賞が発表された。

システム

①レギュラーシーズンは、各チーム90試合ずつ行い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。
②セミファイナルシリーズは、レギュラーシーズンのポイントを半分持ち越し、上位6チームが各チーム16試合ずつ行い、上位4チームがファイナルシリーズに進出。
③ファイナルシリーズは、セミファイナルシリーズのポイントを半分に持ち越し、上位4チームが各チーム12試合ずつ行い、優勝チームが決定。

出場試合数

レギュラーシーズンの選手の規定打数は下記とする。
・最低10試合
・最高45試合

個人賞3賞

・トータルポイント賞
・4位回避率賞
・半荘最高スコア賞
※レギュラーシーズンが対象

9月30日放送概要

記念すべき2019シーズン開幕戦は本日19時より2試合を行い、開幕初戦には、渋谷ABEMAS、U-NEXT Pirates、TEAM RAIDEN/雷電、セガサミーフェニックスの4チームが参加。出場選手は下記に決定。17時30分より開幕式の模様が放送される。

【初戦出場選手】
白鳥翔(渋谷ABEMAS)
小林剛(U-NEXT Pirates)
萩原聖人(TEAM RAIDEN/雷電)
魚谷侑未(セガサミーフェニックス) 

「大和証券 Mリーグ」2019 開幕式&開幕戦放送ページ

 

関連URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top