麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【10/11 Mリーグ2021 1戦目結果】寿人が卓上を焼き尽くすアガリを連発しトップ!初登板の東城は2位!

【10/11 Mリーグ2021 1戦目結果】寿人が卓上を焼き尽くすアガリを連発しトップ!初登板の東城は2位!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」5日目が10月11日(月)に開催された。

10月11日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は、日吉辰哉、藤崎智 ©ABEMA

ABEMAプレミアム限定・マルチアングル放送

10月11日の放送より、ABEMAプレミアム会員限定でマルチアングル放送が導入される。各選手手牌、選手画面、そして全体の河を表示した各カメラアングルを踏まえ、対局終了後の選手風景や、「対局の裏側(通称:裏インタビュー)」の生配信も行われる。シーズンが進むごとにマルチアングル放送の内容もアップグレードされていくとのこと。

裏インタビューの様子 ©ABEMA

第1試合

第1試合は東城りお松本吉弘佐々木寿人本田朋広の対戦。東城は初登板。

第1試合の出場選手 ©ABEMA
初登板の東城 ©ABEMA

東1局は親の東城、配牌の苦しいとこから埋まり、先制リーチ。

しかし、寿人がドラのを切って押し返し500・1000のアガリで局を進める。

東1局 東城のリーチ ©ABEMA
東1局 寿人 500・1000 ©ABEMA

東2局、ドラ3の寿人が仕掛け、一番乗りでテンパイ。親の松本も自身が高い手が見える一向聴で、寿人への放銃となった。

東2局 寿人 白・ドラ3・赤1 8000 ©ABEMA

東3局は親の寿人がダブルリーチ・ピンフ・赤1の待ちだが、待ち牌が山からなくなり流局。

東3局流局

東3局1本場、またもや寿人が先制、じりじりと周りも様子を伺いながら手を進める中、本田が勝負に出るがは寿人の当たり牌。

東3局 本田のリーチ ©ABEMA
東3局 寿人 リーチ・タンヤオ・ドラ3 12000 ©ABEMA

裏が3枚のって12000のアガリに。寿人は次局もドラドラの手でバックで仕掛けていく。

東3局2本場 寿人の仕掛け ©ABEMA
東3局2本場 寿人の仕掛け ©ABEMA

本田も、ホンイツ、高目のなら満貫の手でテンパイするも、東城がピンフをヤミテンにかまえ、本田から出アガリ。局を進めた。

東3局2本場 本田の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 東城 ピンフ 1000 ©ABEMA

東4局、4着目の本田が七対子の単騎でリーチも、寿人がすぐに赤赤のリーチカンで追いかける。

東4局 本田 リーチ ©ABEMA
東4局 寿人 リーチ・ツモ・赤2 2000・4000 ©ABEMA

東城もテンパイし、3軒リーチに発展するも寿人がツモ。寿人の点数は6万点をこえた。

南1局、松本がダブ南暗刻。一番にテンパイすると、親の東城からのリーチが飛んでくるが、松本は押し切り、700・1300のアガリを決めた。

南1局 松本 ダブ南 700・1300 ©ABEMA

南2局、終盤に東城がリーチ。一発で高目のドラをツモって3000・6000。

南2局 東城 3000・6000 ©ABEMA

南3局ドラ3の東城が先制し、満貫ツモ。

南3局 東城 リーチ・ツモ・ドラ3 2000・4000 ©ABEMA

南4局、寿人がリーチドラ1のカンでテンパイし即リーチ。これで2着目の東城は寿人の満貫直撃、跳満ツモでトップの条件ができ、着落ちもあまり考えられない状況から、まっすぐに打ち抜くも、当たり牌を掴み寿人に放銃。

南4局 寿人 リーチ・ドラ1 2600 ©ABEMA

寿人が高打点を連続で決め続け、チームに初勝利をもたらした。

第1試合トップの寿人 ©ABEMA

第1試合結果
1位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+76.2
2位 東城(フェニックス)+15.7
3位 松本(ABEMAS)▲30.8
4位 本田(雷電)▲61.1

今季から追加された点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第二試合結果記事

【10/11 Mリーグ2021 2戦目結果】茅森早香が怒涛の攻めで勝利をもぎ取る!萩原聖人は自在な攻撃を見せ2着!

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top