麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【10/11 Mリーグ2021 2戦目結果】茅森早香が怒涛の攻めで勝利をもぎ取る!萩原聖人は自在な攻撃を見せ2着!

【10/11 Mリーグ2021 2戦目結果】茅森早香が怒涛の攻めで勝利をもぎ取る!萩原聖人は自在な攻撃を見せ2着!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」5日目が10月11日(月)に開催された。

10月11日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は、日吉辰哉、藤崎智 ©ABEMA

ABEMAプレミアム限定・マルチアングル放送

10月11日の放送より、ABEMAプレミアム会員限定でマルチアングル放送が導入される。各選手手牌、選手画面、そして全体の河を表示した各カメラアングルを踏まえ、対局終了後の選手風景や、「対局の裏側(通称:裏インタビュー)」の生配信も行われる。シーズンが進むごとにマルチアングル放送の内容もアップグレードされていくとのこと。

裏インタビューの様子 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

【10/11 Mリーグ2021 1戦目結果】寿人が卓上を焼き尽くすアガリを連発しトップ!初登板の東城は2位!

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は滝沢和典萩原聖人日向藍子茅森早香の対戦。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

この試合は第1試合とは違った重い展開で進んでいった。

東1局は萩原一人テンパイで流局、東2局1本場は滝沢先制リーチ、日向が終盤でテンパイを取りきり流局。

東1局 流局 ©ABEMA
東2局1本場 流局 ©ABEMA

東3局、茅森が仕掛けて嵌[五]の2000点のテンパイとる。滝沢が自風ドラのをポン。[二][五]待ちで追いついたが茅森がツモって500・1000のアガリ。

東3局2本場茅森の500・1000 ©ABEMA

東4局、親番の茅森がタンヤオ平和のリーチ。2600オールのアガリで一歩抜け出した。

東4局 茅森 リーチ・タンヤオ・ピンフ・ツモ 2600オール ©ABEMA

東4局1本場、は熾烈な3軒聴牌に。萩原がリーチドラ3、日向はメンホンの嵌テンパイ、茅森はリーチ、日向がを掴み小考するも放銃。萩原が12000のアガリでトップ目に浮上した。

東4局1本場 萩原リーチ ©ABEMA
東4局1本場 日向のテンパイ ©ABEMA
東4局1本場 茅森リーチ ©ABEMA
東4局1本場 萩原の12000 ©ABEMA

南1局は終盤で日向がリーチ、1000・2000のアガリを決めた。

南1局日向の1000・2000 ©ABEMA

南2は親の萩原の4山先制リーチに対して茅森が待ちで追いついてリーチ。萩原が茅森から3900のアガリで点差を広げた。

南2局 茅森リーチ ©ABEMA
南2局 萩原リーチ・南 3900 ©ABEMA

南2局1本場、またも熾烈な3軒聴牌に。親の萩原が先制リーチ。日向追いつき待ちリーチ、茅森が一気通貫のカンで追いつき三軒リーチとなった。

アガリを決めたのは茅森。ツモって裏1の3000・6000。萩原を捲ってトップ目に立った。

南2局1本場 萩原リーチ ©ABEMA
南2局1本場 日向リーチ ©ABEMA
南2局1本場 茅森の3000・6000 ©ABEMA

南3局、早々に萩原が仕掛けて[一][四]聴牌、茅森は七対子ドラドラテンパイで[東]単騎リーチに、滝沢もテンパイ外しからの高目三色テンパイでリーチ。しかし滝沢が[四]持ってきて放銃。萩原は茅森まであと一歩と迫った。

南3局 茅森リーチ ©ABEMA
南3局 滝沢リーチ ©ABEMA
南3局 萩原の3900 ©ABEMA

オーラス、親の茅森がタンヤオ平和赤のリーチ。日向がリーチ後に茅森が切ったドラの[発]をポンしてテンパイ。手牌を進めていた萩原も、日向満貫ツモなら自身がトップになるため、一旦撤退を選択。しかし茅森が4000オールを決めて一気に抜け出した。

南4局 茅森の4000オール ©ABEMA

オーラス1本場、日向と滝沢の攻防。跳満ツモ条件の萩原がタンヤオ・赤の両面リーチ。日向もテンパイに辿り着くが滝沢がピンフ・赤1をアガって3着キープで決着。茅森がトップで前回の試合のマイナスを一気に返すことに成功。チームポイントもプラスに転じた。

南4局1本場 萩原リーチ ©ABEMA
南4局1本場 日向テンパイ ©ABEMA
南4局1本場 滝沢の2000 ©ABEMA
第2試合トップの茅森 ©ABEMA

第2試合結果
1位 茅森(フェニックス)+72.3
2位 萩原(雷電)+11.9
3位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲29.5
4位 日向(ABEMAS)▲54.7

第2試合点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細データ ©ABEMA

10月11日トータル結果

フェニックス(東城2着・茅森1着)+88.0
麻雀格闘倶楽部(寿人1着・滝沢3着)+46.7
雷電(本田4着・萩原2着)▲49.2
ABEMAS(松本3着・日向4着)▲85.5

デビュー戦の東城、茅森の活躍でフェニックスが躍進。一気に3位まで浮上した。トータルのスコアはまだまだ横一線。シーズンは始まったばかり、各チームしっかりと腰を据えて戦っていきたい。

10月11日終了時点のチームランキング ©ABEMA
10月11日の対局チーム ©ABEMA
10月11日終了時点の個人ランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top