麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【11/29 Mリーグ2021 第1試合結果】白鳥翔が東1局の親番で5万点をこえる大量リードをキープし個人3勝目!松ヶ瀬は要所で高打点を決め2着!

【11/29 Mリーグ2021 第1試合結果】白鳥翔が東1局の親番で5万点をこえる大量リードをキープし個人3勝目!松ヶ瀬は要所で高打点を決め2着!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」33日目が11月29日(月)に開催された。

11月29日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:白鳥翔

南:松ヶ瀬隆弥

西:瀬戸熊直樹

北:村上淳

第1試合

東1局 白鳥の手牌 ©ABEMA
東1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

東1局、先制リーチは親の白鳥。瀬戸熊も一気通貫の一向聴だが、ツモ番残り2回で1枚切れの[中]を引いて撤退。

白鳥の一人テンパイで流局。

東1局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

東1局1本場、松ヶ瀬が赤赤ドラの手牌でカン[七]をチー。白鳥が[赤5]を切って[6][9]待ちのリーチ。

松ヶ瀬が[赤5]をチーして満貫のテンパイ。瀬戸熊もカン[⑤]待ちタンヤオのテンパイだが、白鳥が[6]をツモ。2600オール。次局も6000オールを決め大量リード。

東1局1本場 白鳥 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1 2600オール ©ABEMA
東1局2本場 白鳥 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ2・赤2 6000オール ©ABEMA

東1局3本場、松ヶ瀬が先制リーチ。ツモった[六]が裏ドラで2000・4000。2着目に。

東1局3本場 松ヶ瀬 リーチ・ツモ・ドラ・赤 2000・4000 ©ABEMA

東2局、村上が赤赤ドラの配牌もメンツがなく、苦しいツモが続く。すると親の松ヶ瀬が先制リーチ。

東2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

村上も追いつき、ペン[3]でリーチ。

東2局 村上の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬の当たり牌[①][④]は誰の手にも持たれておらず終盤には6枚山。松ヶ瀬が[④]ツモで裏ドラが1枚乗り、2000オール。

東2局 松ヶ瀬 リーチ・ツモ・ドラ1 2000オール ©ABEMA

東2局1本場、松ヶ瀬が先制テンパイもペンカン[3]待ちのテンパイ。これを[2]を切ってテンパイとらずとすると次巡ツモが[3]。ツモに翻弄されている間に瀬戸熊が高目三色のリーチ。

松ヶ瀬も高目三色のテンパイに辿りつくも、宣言牌の[①]は瀬戸熊の当たり牌。

東2局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

瀬戸熊の8000のアガリとなった。

東2局1本場 瀬戸熊 リーチ・一発・ドラ・赤 8000 ©ABEMA
東3局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

東3局、村上が[東][7]のシャンポンテンパイをヤミテンとすると、瀬戸熊が七対子の[②]単騎でリーチ。

東3局 村上の手牌 ©ABEMA

村上も危なげなくテンパイ維持。すると松ヶ瀬が瀬戸熊の現物カン[7]待ち三暗刻・赤・ドラ4のテンパイも、村上の当たり牌[東]がやってくる。逡巡するも放銃。村上の1300のアガリに。

東3局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東3局 村上 東 1300 ©ABEMA

東4局村上が四暗刻の一向聴。瀬戸熊が白単騎の七対子をリーチすると、カンチャンを3回連続で引き入れた松ヶ瀬の跳満リーチ。当たり牌の[②]を持ってきたのは村上。[②]はワンチャンスで、二人に完全に通る牌はなく、自身の一向聴を優先して[②]を打ちだし、松ヶ瀬の12000のアガリに。松ヶ瀬もトップが見えてきた。

東3局 村上の手牌 ©ABEMA
東4局 松ヶ瀬 リーチ・タンヤオ・ピンフ・ドラ2・赤1 12000 ©ABEMA

南1局、[中]が暗刻の瀬戸熊が[1]をポンしてトイトイへ向かう。親番の白鳥は瀬戸熊の仕掛けを見て早々に撤退。1枚切れの[白]すら打たない構え。

南1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

道中松ヶ瀬が[五]の七対子でテンパイ。瀬戸熊も[5]を暗刻にして[四][八]のシャンポン待ちでテンパイし、松ヶ瀬が放銃。瀬戸熊8000の加点に成功。

南1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南1局 瀬戸熊 中・トイトイ・赤 8000 ©ABEMA

南2局、前局放銃に回った松ヶ瀬の親番、加点したいが、北家の白鳥が[北]をポンしてテンパイ。すぐに瀬戸熊から放たれ、局が進む。

南2局 白鳥 北 1300 ©ABEMA

東3局、100点持ちの村上が58s待ちのリーチ。瀬戸熊も追いつき[三][六]待ちのリーチ。松ヶ瀬が瀬戸熊のリーチの一発を消すチーを入れると、瀬戸熊が持ってきたのは[8]。裏ドラが1枚乗って村上の5200のアガリに。

南3局 村上の手牌 ©ABEMA
南3局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南3局 村上 リーチ・ドラ1・赤1 5200 ©ABEMA

南4局、松ヶ瀬がドラドラ赤の手牌だが、トップまでの条件は厳しく、白鳥が切った[8]をチーしてドラを1枚打ちだし、テンパイ。すぐにツモって1000・2000。プラスポイントで終えた。

南4局 松ヶ瀬 タンヤオ・ドラ・赤 1000・2000 ©ABEMA

白鳥は個人9戦目にしてラスなし3勝。一方厳しい村上は6回目のラスとなった。

第1試合トップの白鳥  ©ABEMA

第1試合結果
1位 白鳥(ABEMAS)+69.7
2位 松ヶ瀬(風林火山)+9.4
3位 瀬戸熊(雷電)▲23.4
4位 村上(ドリブンズ)▲55.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合の結果はコチラ!

【11/26 Mリーグ2021 第2試合結果】鈴木たろうの倍満炸裂!大きなトップで本日のドリブンズはトータルプラス!多井は2着でABEMASはプラス78.7ポイントを持ち帰る!

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top