麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【1/6 Mリーグ2021 第2試合結果】熾烈な攻防をの応酬!好プレー連続の接戦を制して瑞原明奈がトップで連対率は驚異の84.6%!

【1/6 Mリーグ2021 第2試合結果】熾烈な攻防をの応酬!好プレー連続の接戦を制して瑞原明奈がトップで連対率は驚異の84.6%!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」53日目が1月6日(木)に開催された。

1月6日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合は沢崎トップでサクラナイツは3位に! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:堀慎吾

南:瑞原明奈

西:黒沢咲

北:滝沢和典

第2試合

東1局、堀が連荘し1本場でピンフをリーチしてツモって加点。

東1局1本場 堀 リーチ・ツモ・ピンフ 1300オール ©ABEMA

東1局2本場、滝沢がツモり四暗刻の一向聴だが、2枚目の[⑧]をポンしてトイトイテンパイ。

東1局2本場 滝沢の手牌 ©ABEMA

堀がドラの[白]単騎でリーチ。

東1局2本場 堀の手牌 ©ABEMA

黒沢は大三元が見える手だが、滝沢の当たり牌[南]を止め、撤退を選択。

東1局2本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

滝沢は[赤⑤]も押していくが、[白]を掴み撤退。

堀の一人テンパイで流局。

東1局2本場 流局 ©ABEMA

東1局3本場、瑞原先制リーチも、役なしのテンパイをヤミテンに構えていた滝沢がツモって局が進む。

東1局3本場 瑞原の手牌 ©ABEMA
東1局3本場 滝沢 ツモ・ドラ1 500・1000 ©ABEMA

東2局、黒沢が先制リーチ。

東2局 黒沢の手牌 ©ABEMA

親の瑞原がドラ3の手牌で押していくも、黒沢の当たり牌[8]を掴み放銃。

東2局 瑞原の手牌 ©ABEMA

黒沢の3900のアガリとなった。

東2局 黒沢 リーチ・タンヤオ・ピンフ 3900 ©ABEMA

東3局堀がピンフをヤミテンに構え、400・700のアガリ。

東3局 堀 ツモ・ピンフ 400・700 ©ABEMA

東4局、瑞原がツモり三暗刻の5巡目リーチ。2000・4000のアガリで全員の差がぐっと縮まる。

東4局 瑞原 リーチ・ツモ・三暗刻・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南1局も瑞原が先制。リーチ時山に8枚残っていた[二][五][八]待ち。連続の2000・4000ツモで一気にトップ目に浮上。

南1局 瑞原 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南2局は瑞原がドラをポンして12000のテンパイ。

南2局 瑞原の手牌 ©ABEMA

ドラを切った黒沢、ピンフをヤミテンにかまえる。すると堀が瑞原の当たり牌[8]を暗刻にしてリーチ。

南2局 堀の手牌 ©ABEMA

黒沢がツモ切りリーチで追いかけるが、アガリは出ずに流局。

南2局 黒沢の手牌 ©ABEMA

南2局1本場、滝沢が自風の[西]をポンして萬子のホンイツへ。

南2局1本場 滝沢の手牌 ©ABEMA

道中滝沢が[西]を加槓。新ドラの[五]が黒沢に2枚のるが、黒沢はテンパイせず。

南2局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

滝沢の一人テンパイで流局。

南2局1本場 流局 ©ABEMA

南3局2本場、堀がドラの[8]対子で[発]のポンから発進。

滝沢はダブ南の[南]をポンして筒子のホンイツへ向かう。

南3局2本場 滝沢の手牌 ©ABEMA

堀はドラの[8]もポンしていくが、滝沢がカン[②]待ちのテンパイ。

南3局2本場 堀の手牌 ©ABEMA

最終的に堀が[4]単騎のテンパイになる。

堀の当たり牌[4]が滝沢のもとへ。滝沢は堀の最終手出しされた[5]をじっと見つめ、[①]を切ってテンパイを崩す。

南3局2本場 滝沢の手牌 ©ABEMA

堀が[②]を切ると黒沢がポン。

南3局2本場 堀の手牌 ©ABEMA

トイトイにとると[4]で堀への放銃だが、[3]を切って役無し形式聴牌に構えて放銃回避。

南3局2本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

滝沢は[4][3]がくっつき、[2][5]のテンパイ。黒沢、滝沢、堀の三人テンパイで流局。流局だが見ごたえのある1局となった。

南3局2本場 滝沢の手牌 ©ABEMA
南3局2本場 流局 ©ABEMA

南3局3本場、堀が[5]をポンしてカン[③]待ちのテンパイ。ツモってオーラスへ。

南3局3本場 堀 タンヤオ・赤1 500・1000 ©ABEMA

南4局、[中]が暗刻の堀。仕掛けて[⑨]単騎テンパイだが、親の滝沢がリーチ。

南4局 堀の手牌 ©ABEMA
南4局 滝沢の手牌 ©ABEMA

堀が掴んで放銃。滝沢が12000のアガリで一気にトップ目に立った。

南4局 滝沢 リーチ・南・ドラ1・赤1 12000 ©ABEMA

南4局1本場、堀がピンフのテンパイをリーチ。

南4局1本場 堀の手牌 ©ABEMA

瑞原高め一盃口の平和で追いつく。安め出アガリが足りない為追いかけ立直に。

南4局1本場 瑞原の手牌 ©ABEMA

赤赤の手牌の黒沢も追いかけ、熾烈な3軒リーチとなった。

南4局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

軍配は瑞原。高目の[一]をツモって逆転した。

南4局1本場 瑞原 リーチ・ツモ・ピンフ・一盃口 1300・2600 ©ABEMA
第2試合トップの瑞原 ©ABEMA

第2試合結果
1位 瑞原(Pirates)+56.7
2位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)+9.1
3位 堀(サクラナイツ)▲21.6
4位 黒沢(雷電)▲44.2

瑞原は4トップ、2着7回、4着2回で連対率は驚異の84.6%となっている。

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月6日トータル結果

サクラナイツ(沢崎1着・堀3着)+41.9
Pirates(石橋4着・瑞原1着)▲1.0
麻雀格闘倶楽部(高宮3着・滝沢2着)▲11.6
雷電(瀬戸熊2着・黒沢4着)▲29.3

サクラナイツはあと一歩で連勝の場面だったが滝沢、瑞原に阻まれ連勝ならず、しかしポイントを3桁に乗せた。雷電はトップが見えそうな展開もあるが足踏みの展開が続いている。

1月6日終了時点のチームランキング ©ABEMA
1月7日の対局チーム ©ABEMA
1月6日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top