麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【1/7 Mリーグ2021 第1試合結果】松ヶ瀬がオーラス満貫ツモでトップをもぎとる!255.1ポイントで個人首位に!

【1/7 Mリーグ2021 第1試合結果】松ヶ瀬がオーラス満貫ツモでトップをもぎとる!255.1ポイントで個人首位に!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」54日目が1月7日(金)に開催された。

1月7日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:近藤誠一

南:松ヶ瀬隆弥

西:丸山奏子

北:松本吉弘

第1試合

東1局親の近藤が[白]が暗刻の先制リーチ。

東1局 近藤の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬が近藤の当たり牌[8]が暗刻の[二][五][八]待ちになり追いかける。

東1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

近藤の待ちが山からなくなり、松ヶ瀬が近藤から和了。

東1局 松ヶ瀬 リーチ・赤1 2600 ©ABEMA

東2局、丸山が6巡目[4][7]待ちピンフのリーチ。

東2局 丸山の手牌 ©ABEMA

早いリーチに他三者は撤退。リーチ時に山には4枚残っていた待ちだったが、山からなくなる。

しかし、終盤に松ヶ瀬から和了。局が進む。

東2局 松ヶ瀬の手牌
東2局 丸山 リーチ・ピンフ 2000 ©ABEMA

東3局、親の丸山、リーチしたときのカン[⑦]の出アガリしやすさを意識したか、一向聴で[④]切りを選択。

東3局 丸山の手牌 ©ABEMA

すると松本、[発]が暗刻のリーチ。

東3局 松本の手牌 ©ABEMA

松本のリーチの一発目、丸山の手には[赤⑤]が。赤赤になった丸山。フリテンだが勝負とみて[⑧]を打ちだし放銃。

東3局 丸山の手牌 ©ABEMA

松本の6400のアガリとなった。

東3局 松本 リーチ・一発・發 6400 ©ABEMA

東4局、親の松本が1枚切れの[白]単騎で先制リーチ。

東4局 松本の手牌 ©ABEMA

終盤に丸山がドラの[東][一]のシャンポン待ちで追いつき、リーチ。

東4局 丸山の手牌 ©ABEMA

共通安牌が無い近藤。自身の手牌に[三]が暗刻。1枚切れの[一]を選択し丸山に一発で放銃。

東4局 近藤の手牌 ©ABEMA
東4局 丸山 リーチ・一発・ドラ2・赤1 8000 ©ABEMA

南1局、失点した近藤、この親番で加点したいが、松本から早いリーチがかかる。

南1局 松本の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬が[1]単騎の七対子で追いかけリーチ。

南1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

場に[2]が4枚、[1]が1枚切られている状況。自身の手に[1]が対子の近藤、[1]は単騎にしか当たらないため、[1]を選択。

南1局 近藤の手牌 ©ABEMA

踏み込んでリーチとした松ヶ瀬のアガリとなった。

南1局 松ヶ瀬 リーチ・七対子・赤1 6400 ©ABEMA

南2局、親の松ヶ瀬が先制。

南2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

丸山が松ヶ瀬の宣言牌をチーして[南]でアガれるテンパイをとる。

南2局 丸山の手牌 ©ABEMA

近藤も追いつき、リーチ。

南2局 近藤の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬から切られたドラの[発]を松本がポンして全員テンパイになる。

南2局 松本の手牌 ©ABEMA

丸山はオリを選択。結果は松本が近藤の当たり牌[④]を掴み、近藤の5200のアガリとなった。

南2局 近藤 リーチ・タンヤオ・赤1 5200 ©ABEMA

南3局は丸山が1000オールをアガって連荘。

南3局 丸山 タンヤオ・ハイテイ 1000オール ©ABEMA

1本場に仕掛けた近藤が[3][6]、松本が[⑤][⑦]待ちのテンパイ。

南3局1本場 近藤の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 松本の手牌 ©ABEMA

近藤の待ちの[3][6]はかなり山に残っていたが、松本が[⑦]ツモ。松本2000・4000でトップ目に立ち、オーラスへ。

南3局1本場 松本 發・ホンイツ・トイトイ 2000・4000 ©ABEMA

南4局、1着目の松本から3着目の丸山までの差はわずか3000点。

緊迫したトップ争いとなった。

先制テンパイは松本。赤赤の[二]単騎7700のテンパイをヤミテン。

南4局 松本の手牌 ©ABEMA

そこに松ヶ瀬が[6][9]待ちのピンフをリーチ。

南4局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

どこからでもアガればトップだが[6]を一発ツモ。裏ドラも1枚のり、満貫のアガリでトップをもぎ取った。

南4局 松ヶ瀬 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

このトップで松ヶ瀬は個人首位となった。

第1試合トップの松ヶ瀬 ©ABEMA

第1試合結果
1位 松ヶ瀬(風林火山)+57.9
2位 松本(ABEMAS)+7.5
3位 丸山(ドリブンズ)▲13.5
4位 近藤(フェニックス)▲51.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

第2試合結果はコチラ

第2試合は倍満、跳満を決めた茅森が完勝! ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top