麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
堀 VS 寿人 VS 多井 VS 魚谷 残すはあと2日間4試合!フェニックスは首位を守れるか!?【Mリーグ2021-22 4/25 ファイナル5日目 第1試合メンバー】

堀 VS 寿人 VS 多井 VS 魚谷 残すはあと2日間4試合!フェニックスは首位を守れるか!?【Mリーグ2021-22 4/25 ファイナル5日目 第1試合メンバー】

BULL2021求人朝宮あろま

本日4月25日(月)19時から「朝日新聞Mリーグ2021-22」ファイナルシリーズの5日目が開催。第1試合出場選手が発表された。

【出場チーム】
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス

4月25日の対戦カード ©ABEMA

第1試合の出場選手が発表された。

Mリーグ公式HP

4月22日終了時点のチームランキング ©ABEMA

2位のKADOKAWAサクラナイツからは堀慎吾が出場。レギュラー個人成績はトップ8回、1.5着1回、2着7回、3着10回、4着4回のトータル178.8ポイントの9位となった。セミファイナルは5戦出場で158.3ポイントの1位となっている。

ファイナルでは4戦出場して▲11.3ポイントの12位となっている。

ファイナルに入ってからは着順はトップから4着まで1回ずつのサイクルヒット。今季大活躍の堀としてはまだ物足りないところか。

首位のフェニックスとの差は44.6ポイント差。残すは4試合。堀は優勝に向けてどのような戦術を見せるのか。

4位のKONAMI麻雀格闘倶楽部からは佐々木寿人が出場。レギュラー個人成績はトップ8回、2着3回、3着3回、4着11回のトータル▲77.3ポイントの20位となった。セミファイナルは5戦出場で4.5ポイントの13位となっている。

ファイナルでは2戦出場して▲20.0ポイントの13位となっている。

ファイナルではここまで1トップ4ラスと苦戦が続き、首位とは272.8ポイント差に。2位サクラナイツとも228.2ポイント差あることを考えると優勝条件はほぼ4連勝条件と言っていいだろう。

厳しい状況にはなったが最後まであきらめずに腕を振りぬく。寿人のトップへの挑戦が始まる。

3位の渋谷ABEMASからは多井隆晴が出場。レギュラー個人成績はトップ6回、2着10回、3着8回、4着1回のトータル242.2ポイントの6位となった。セミファイナルは5戦出場で▲148.9ポイントの23位タイとなっている。

ファイナルでは2戦出場して▲97.9ポイントの15位となっている。

首位フェニックスとは152.5ポイント差、少し差を開けられ、少なくとも2トップは欲しいABEMAS。ここぞの場面で出場するのは多井隆晴。

ポストシーズンに苦しむ場面が多く、今季もレギュラーではわずか1回だった4着をポストシーズンでは7戦中4回が4着と苦戦している。

しかし長年培ってきた実力は疑いようがない。優勝に向けた大一番で勝利を掴めるか。

首位のセガサミーフェニックスからは魚谷侑未が出場。個人成績はトップ6回、2着4回、3着8回、4着8回のトータル▲128.7ポイントの21位となった。セミファイナルは4戦出場で18.1ポイントの9位となっている。

ファイナルでは2戦出場して3着トップで21.9ポイントの個人5位となっている。

ファイナルではここまで142.1ポイントを加算して5日目を首位で迎えたフェニックス。魚谷は金曜2戦目に続く連勝を目指して出陣。連勝を決めると優勝に大きく近づく1勝となるだろう。

2019シーズンあと一歩で逃した優勝をここでつかみ取りに挑む。

実況は日吉辰哉、解説は日本プロ麻雀協会の渋川難波が務める。レポーターは松本圭世さんが務める。

朝日新聞 Mリーグ2021 ファイナルシリーズ 4日目 4/22
KADOKAWAサクラナイツ vs KONAMI麻雀格闘倶楽部 vs 渋谷ABEMAS vs セガサミーフェニックス

実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世

番組ページ

4月22日終了時点ファイナルシリーズ個人ランキング
セミファイナルシリーズ個人ランキング
レギュラーシーズン個人ランキング

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top