麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【10/18 Mリーグ2022-23 第2試合結果】茅森早香が怒涛の猛連荘で場を制圧して9万点の特大トップを獲得!

【10/18 Mリーグ2022-23 第2試合結果】茅森早香が怒涛の猛連荘で場を制圧して9万点の特大トップを獲得!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」10日目が10月18日(火)に開催された。

10月18日の対戦カード ©ABEMA
解説:鈴木優 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:岡田紗佳

南:茅森早香

西:萩原聖人

北:村上淳

第2試合

東1局、岡田が2900をアガって連荘し、2本場、2本場と流局。

東2局3本場から、親番の茅森が9本場まで積み上げ、持ち点は6万点をこえる。

道中萩原のリーチのアタリ牌、[6]を2枚引いて一度テンパイを崩すも、復活した東2局4本場は必見。

東2局4本場 萩原の手牌 ©ABEMA
東2局4本場 茅森の手牌 ©ABEMA

9本場は村上と岡田のリーチ対決を村上が制し、東3局へ。

東2局9本場 岡田の手牌 ©ABEMA
東2局9本場 村上 リーチ 1300 ©ABEMA

東3局は村上が先制で[六][九]待ちテンパイ。岡田から村上へ放銃があるかと思われたが、終盤まで[六][九]は河に放たれることなく、村上も撤退。結果、茅森がテンパイをとりきり、茅森の一人テンパイで流局。

東3局 村上の手牌 ©ABEMA
東3局 岡田の手牌 ©ABEMA

東4局1本場、萩原のリーチの後、岡田が2mのジュンチャン三色でダマテン。アガリ牌の[二]は残り山に1枚だったが、萩原がすぐにつかむ。

東4局1本場 萩原の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 岡田 ジュンチャン・三色 8000 ©ABEMA

岡田と萩原の着順が入れ替わり、南入。

南1局、ここでも萩原が先制するが、アガれずに流局 

南2局1本場、萩原が[中]単騎待ちの七対子でリーチ。

南2局1本場 萩原の手牌 ©ABEMA

点数状況でかなりのアドバンテージがある茅森、まっすぐに手を進め、1枚しかもっていなかったドラの[西]を暗刻にしてテンパイ。リーチすると一発ツモ。6000オールで持ち点は8万点を超えた。

南2局1本場 茅森 リーチ・一発・ツモ・ドラ3 6000オール ©ABEMA

次局全員ノーテンで流局。南3局3本場、茅森の配牌にドラの[五]が槓子、[赤⑤]が1枚。[五]をカンする茅森に他家の表情が曇る。

茅森がカン[二]のリーチ。

南3局3本場 茅森の手牌 ©ABEMA

後がない4着目の萩原も追いかけるが、アガリは出ずに流局した。

南3局3本場 流局 ©ABEMA

次局とオーラスも茅森がアガリを決めてフィニッシュ。110ポイントの特大トップを獲得した。

第2試合トップの茅森 ©ABEMA

第2試合結果
1位 茅森(フェニックス)+110.0
2位 村上(ドリブンズ)▲4.9
3位 岡田(サクラナイツ)▲39.6
4位 萩原(雷電)▲65.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

10月18日トータル結果

フェニックス(魚谷2着・茅森1着)+113.9
雷電(本田1着・萩原4着)+9.1
ドリブンズ(丸山3着・村上2着)▲32.7
サクラナイツ(渋川4着・岡田3着)▲90.3

フェニックスが大きな加点に成功してほぼ原点付近まで復帰。雷電は萩原は悔しい4着となったが本田のトップでプラスを維持した。サクラナイツが苦しい1日となり、首位ABEMASが全体から見て一歩抜けた様相となった。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
10月20日の対戦カード ©ABEMA
10月18日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top