麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【10/18 Mリーグ2022-23 第1試合結果】「絶対に負けられない!」本田が東場の6000オールのリードから攻め切って快勝!今シーズン初トップ!

【10/18 Mリーグ2022-23 第1試合結果】「絶対に負けられない!」本田が東場の6000オールのリードから攻め切って快勝!今シーズン初トップ!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」10日目が10月18日(火)に開催された。

10月18日の対戦カード ©ABEMA
解説:鈴木優 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:魚谷侑未

南:本田朋広

西:丸山奏子

北:渋川難波

第1試合

東1局、丸山がタンヤオ赤1ツモれば三暗刻のテンパイをダマテン。ツモって2000・4000のアガリでリード。

東1局 丸山 ツモ・タンヤオ・三暗刻・赤1 2000・4000 ©ABEMA

東2局は丸山がドラ色のピンズのホンイツへ向かい、[白]から仕掛けていく。

東2局 丸山の手牌 ©ABEMA

丸山の上家、親の本田もタンピン赤の勝負手。ドラの[⑧]も切り出し、丸山に鳴かれ、テンパイを入れられるが、次巡本田もテンパイしてリーチ。

一発でツモアガリ、6000オールで大量リードを決めた。

東2局 本田 リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ピンフ・ドラ2・赤1 6000オール ©ABEMA

東2局1本場、丸山先制リーチをかけるが、アガりは出ずに流局。渋川がしっかりと丸山の海底をずらした。海底には丸山のアガリ牌[2]が眠っていた。

東2局1本場 丸山の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 渋川の手牌 ©ABEMA

東3局、親の丸山のリーチも、[発]を仕掛けた本田がアガりきった。

東3局 丸山の手牌 ©ABEMA

東4局、渋川の手がソーズ一色に。[8]をポンして清一色12000のテンパイだが、流局。

東4局 渋川の手牌 ©ABEMA

東4局1本場、渋川がダブ東の[東]をポンしてカン[⑤]待ちの2900のテンパイを取らず、のちに[発]をポンして打点をあげていくが、結果は魚谷テンパイした魚谷が2000・4000のツモアガリで南入。

東4局 渋川の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 魚谷 リーチ・ツモ・タンヤオ・赤1 2000・4000©ABEMA

南1局渋川がリーチして一人テンパイで流局ののち、南2局1本場本田が親番で連荘。持ち点は5万点をこえる。

南2局1本場 本田 タンヤオ・ドラ1・赤1 2000オール ©ABEMA
南2局2本場 本田 リーチ・赤1 3900 ©ABEMA

この本田の連荘を止めたのは渋川。自風の[西]を仕掛けて丸山からアガった。

南2局3本場 渋川 西・ドラ1 2600 ©ABEMA

南3局、ラス目の丸山の親番タンヤオのカン[3]待ちで先制テンパイだが、[7]単騎待ちにした本田が渋川からアガり、オーラスへ。

南3局 丸山の手牌 ©ABEMA
南3局 本田 タンヤオ 1300 ©ABEMA

南4局、親の渋川イーシャンテンだがなかなかテンパイしない。

渋川残りツモ番1回のところでテンパイをいれ、リーチとする。テンパイしていた魚谷は撤退、丸山はテンパイを取り切り、南4局1本場へ。

南4局 流局 ©ABEMA

魚谷が早々に七対子・ドラ2の[1]単騎待ちテンパイをダマテン。[南]単騎へ変化したところ、渋川がツモ切り決着。

南4局1本場 魚谷 七対子・ドラ2 6400 ©ABEMA

渋川は4着に落ち、魚谷は2着をキープして第1試合終了。本田が快勝した。

第1試合トップの本田 ©ABEMA

第1試合結果
1位 本田(雷電)+74.6
2位 魚谷(フェニックス)+3.9
3位 丸山(ドリブンズ)▲27.8
4位 渋川(サクラナイツ)▲50.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top