麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【12/5 Mリーグ2022-23 第2試合結果】高め三色が勝負の決め手に!高めで決めた伊達朱里紗がトップ!オーラスに逆転手を入れた渋川難波は惜しくも安めツモで3着止まりに!

【12/5 Mリーグ2022-23 第2試合結果】高め三色が勝負の決め手に!高めで決めた伊達朱里紗がトップ!オーラスに逆転手を入れた渋川難波は惜しくも安めツモで3着止まりに!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」37日目が12月5日(月)に開催された。

12月5日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:東城りお

南:渋川難波

西:松本吉弘

北:伊達朱里紗

第2試合

東1局、伊達がカン[6]テンパイをダマテンに構え、[3][6]待ちに変化したところでリーチ。

東1局 伊達の手牌 ©ABEMA

親の渋川がカン[6]待ちで追いかけるが、伊達が高目の[3]をツモ。3000・6000のアガリでリード。

東1局 渋川の手牌 ©ABEMA
東1局 伊達 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ, 三色同順 3000, 6000 ©ABEMA

東2局、松本のドラ[①]ポンで[中]の後付け。親の渋川が切り込みリーチし、ツモって連荘。

東2局 渋川 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1 2000オール ©ABEMA

東2局1本場、東3局に松本が東城から12000、7700と立て続けにアガるが、東3局で松本がドラの[中]が暗刻の東城に放銃で失点した。

東2局1本場 松本 リーチ, 一発, ピンフ, ドラ×2, 赤ドラ×1 12000 ©ABEMA
東3局 松本 一気通貫, ドラ×1 7700 ©ABEMA
東3局1本場 中, ドラ×3, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

南入して東城が伊達のリーチを受けるが、2900をアガってなんとか連荘。

東1局 東城の手牌 ©ABEMA

しかし南1局1本場、南2局と伊達が仕掛けて連続で鳴いてアガり、南3局も全員ノーテンとトップ目でオーラスの親番を迎える。

南4局先制テンパイは伊達。カン[⑦]待ちのダマテンにとる。

南4局 伊達の手牌 ©ABEMA

跳満ツモ条件でトップになる渋川。ドラの[5]ツモなら三色で跳満になるテンパイでリーチ。

南4局 渋川の手牌 ©ABEMA

これを受けて伊達は撤退。松本も逆転手のイーシャンテンで通っていない[1]をプッシュ。

南4局 松本の手牌 ©ABEMA

結果は渋川が安目の[8]をツモ。裏ドラが乗れば松本まで届く満貫だが、結果は乗らずに1000・2000でゲーム終了。

渋川は、松本の[1]プッシュがなければ、安目の[8]はツモ切って高目[5]ツモの跳満を狙うつもりだったという。

東4局 渋川 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

麻雀格闘倶楽部は直近4戦全連対で好調。首位ABEMASを追い上げる脅威の存在となっている。

第2試合トップの伊達 ©ABEMA

第2試合結果
1位 伊達(麻雀格闘倶楽部)+55.8
2位 松本(ABEMAS)+9.2
3位 渋川(サクラナイツ)▲13.1
4位 東城(フェニックス)▲51.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月5日トータル結果

サクラナイツ(岡田1着・渋川3着)+71.0
麻雀格闘倶楽部(滝沢2着・伊達1着)+58.0
ABEMAS(松本4着・松本2着)▲44.7
フェニックス(魚谷3着・東城4着)▲84.3

サクラナイツが岡田の華々しい三倍満で5位に順位を上げることに成功。フェニックスが苦しい戦いとなり入れ替わりで7位に陥落となった。中段はまだまだ大激戦。これから毎日順位が入れ替わっていくだろう。3高5低のチーム状況。一歩抜け出すチームはどこになるのか。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月6日の対戦カード ©ABEMA
12月5日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top