麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【12/11 Mリーグ2023-24 第1試合結果】最後2局で差し切り勝ち!今季初の女性対決となった試合を制したのは個人3連勝の魚谷侑未!2着は安定した打ち回しだったが、惜しくもオーラスに捲られた瑞原明奈!

【12/11 Mリーグ2023-24 第1試合結果】最後2局で差し切り勝ち!今季初の女性対決となった試合を制したのは個人3連勝の魚谷侑未!2着は安定した打ち回しだったが、惜しくもオーラスに捲られた瑞原明奈!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」49日目が12月11日(月)に開催された。

12月11日の対戦カード ©ABEMA
解説:村上淳 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:魚谷侑未

南:瑞原明奈

西:岡田紗佳

北:中田花奈

第1試合

本日の第1試合は今季初の女性対決となった。

東1局は瑞原が仕掛けてカン[④]待ちのマンガンテンパイ。親の魚谷も仕掛けて[5][8]待ちのマンガンテンパイで追いつく。高打点のめくり合いを瑞原が制して、2000・4000のアガリで好スタートを切った。

東1局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東1局 瑞原 タンヤオ, 三色同順, 赤ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

東2局は魚谷がペン[⑦]を仕掛けてピンズのホンイツへ向かう。[北][中]のシャンポン待ちで先制テンパイを入れる。すぐにツモり1300・2600のアガリで点数が回復する。

東2局 魚谷 中, ホンイツ 1300・2600 ©ABEMA

東3局は親の岡田が[中]をポンする。魚谷が一番に[6][七]待ちでテンパイするが、役なしのダマテンに構える。そこに瑞原が[北]をポンして[一][四]待ちのテンパイで追いつく。魚谷は降りを選択。岡田も[五][八]で追いついて、岡田、瑞原の2人のめくり合いになる。枚数は岡田であったが、ラス牌を見事ツモりあげ、瑞原の2000・4000のアガリで一歩抜け出す。

東3局 岡田の手牌 ©ABEMA
東3局 瑞原 北, ドラ×3 2000・4000 ©ABEMA

東4局は岡田が[中]をポンしてマンズのホンイツへ向かう。[北][二]待ちのマンガンテンパイを入れる。一向聴だった親の中田から[北]が出て、岡田の8000のアガリ。

東4局 中田の手牌 ©ABEMA
東4局 岡田 北, 中, ホンイツ, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

南1局は親の魚谷が[東][北]をポン。すぐにカン[八]待ちでテンパイを入れる。テンパイした岡田から出て、魚谷が岡田から1500のアガリで連荘に成功。

南1局 岡田の手牌 ©ABEMA
南1局 魚谷 東 1500 ©ABEMA

南1局1本場は岡田が[3][6]待ちで先制リーチ。瑞原も仕掛けて岡田の現物の[③][⑥]待ちで追いつく。中田からすぐに出て、瑞原の2000のアガリ。ライバルのリーチを蹴る大きなアガリとなった。

南1局1本場 岡田の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 瑞原 タンヤオ, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

南2局は中田が[⑤][⑧]待ちで先制リーチ。そこに岡田が宣言牌をポンして片アガリ[4]待ちのマンガンテンパイで追いつく。中田がドラの[⑤]をツモり、1300・2600のアガリで逆襲を狙う。

南2局 岡田の手牌 ©ABEMA
南2局 中田 リーチ, ツモ, ドラ×1 1300・2600 ©ABEMA

南3局は魚谷が仕掛けて[発]バックのマンガンテンパイを入れる。そこに親の岡田が一盃口を完成させ、[6][9]待ちで追いついてリーチをかける。さらに中田も追いついてドラ単騎の[3]待ちで追いかけリーチを敢行。しかしめくり合いとはならず、すぐに魚谷が2000・4000をツモアガリ、トップ目に詰め寄る。

南3局 岡田の手牌 ©ABEMA
南3局 中田の手牌 ©ABEMA
南3局 魚谷 發, ドラ×3 2000・4000 ©ABEMA

南4局、トップ目の瑞原が37100持ち、2着の魚谷が34400持ちと、トップ争いが熾烈な展開である。魚谷が[4]をポンしてタンヤオの発進。先制を取ったのは岡田、[7][8]の役なしでダマテンに構える。さらに魚谷が[8][七]のシャンポン待ちで追いつき、瑞原もタンヤオ仕掛けで[三][六]待ちで追いつく。魚谷、瑞原はアガればトップ、岡田もアガれば3着と順位点に大きく影響するめくり合いを制したのは魚谷。最後の[8]を力強くツモり、2000・4000のアガリでチームにトップを持ち帰った。

南4局 岡田の手牌 ©ABEMA
南4局 瑞原の手牌 ©ABEMA
南4局 魚谷 タンヤオ, ドラ×3 2000・4000 ©ABEMA

今季初の女性対決となった試合を制したのは魚谷。個人5勝目で今季の個人成績も2位に浮上した。

 

第1試合トップの魚谷 ©ABEMA

第1試合結果
1位 魚谷(フェニックス)+62.4
2位 瑞原(Pirates)+15.1
3位 岡田(サクラナイツ)▲25.1
4位 中田(BEAST)▲52.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top