麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【12/11 Mリーグ2023-24 第2試合結果】これぞ戦闘民族の押しっぷり!親リーチに押してアガリきった鈴木優が個人3連勝!2着は終始安定して打ち回していた東城りお!

【12/11 Mリーグ2023-24 第2試合結果】これぞ戦闘民族の押しっぷり!親リーチに押してアガリきった鈴木優が個人3連勝!2着は終始安定して打ち回していた東城りお!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」49日目が12月11日(月)に開催された。

12月11日の対戦カード ©ABEMA
解説:村上淳 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木優

南:東城りお

西:菅原千瑛

北:渋川難波

第2試合

東1局は親の優が一盃口を完成させ[④][⑦]待ちで先制リーチ。ツモり、さらに裏も2枚乗って、6000オールのアガリで最高のスタートダッシュを決めた。

東1局 優 リーチ, ツモ, ピンフ, イーペーコー, 裏ドラ×2 6000オール ©ABEMA

東1局1本場は東城が仕掛けて[五][7]待ちで先制テンパイを入れる。すぐに菅原から2000のアガリを決める。

東1局1本場 東城 南, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

東2局は渋川が仕掛けてタンヤオに向かう。そこに親の東城が[四][七]待ちで先制リーチ。渋川も追いついてカン[⑦]テンパイで追いつく。この局は渋川が東城から3900のアガリ。

東2局 東城の手牌 ©ABEMA
東2局 渋川 タンヤオ, 赤ドラ×2 3900 ©ABEMA

東3局は渋川がドラの[西]をポンしてピンズのホンイツへ向かう。そこに親の菅原が[3][6]待ちで先制リーチ。渋川も押し返して[①][発]のシャンポン待ちで追いつくがすぐに[6]を掴み、菅原が渋川から2900のアガリ。

東3局 渋川の手牌 ©ABEMA
東3局 菅原 リーチ, ピンフ 2900 ©ABEMA

東3局1本場は東城が[3][6]待ちで先制リーチ。そこに親の菅原もカン[6]待ちで追いついてダマテンを選択。すぐに東城が[6]をツモり、裏も1枚のって3000・6000のアガリで大きな加点となった。

東3局1本場 菅原の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 東城 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 3000・6000 ©ABEMA

東4局はトップ目の優が[三][六]待ちで先制リーチ。リーチを無視して押し返していた東城が仕掛けて現物待ちの[④][⑦]待ちで追いつく。しかし、無筋を引いて撤退。この局は流局で優の1人テンパイ。

東4局 流局 ©ABEMA

南1局1本場は仕掛けて親の優が[2][5]待ちのテンパイ。そこに菅原が一気通貫確定のカン[2]待ちで追いついてリーチ。優が無筋を引いてすぐに撤退することになる。この局も流局し、菅原の1人テンパイ。

南1局1本場 流局 ©ABEMA

南2局2本場は供託2本ある中、渋川、東城が仕掛けてタンヤオへ向かう。さらに優がカン[8]をチーしてチャンタのペン[3]待ちでテンパイ。さらに親の東城も[三][六]待ちで追いつく。東城の500オールのアガリで連荘に成功。

南2局2本場 優の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 東城 タンヤオ 500オール ©ABEMA

南2局3本場は渋川が[赤5]を引き入れて[4][7]待ちの先制リーチ。親の東城も終盤に追いついてテンパイを取り切る。この局も流局で東城、渋川の2人テンパイ。

南2局3本場 流局 ©ABEMA

南2局4本場は優が[南]をポン。仕掛けて[①][④]待ちで先制テンパイ。すぐにツモり300・500のアガリで再びリードを作る。

南2局4本場 優 南 300・500 ©ABEMA

南3局はトップ目の優が仕掛けて[一][四][七]待ちでテンパイ。親の菅原もフリテンの[②][⑤]待ちでリーチを敢行。トップ目の優がラス目の菅原に押し切って1000・2000のアガリでセーフティーリードでオーラスを迎えることに成功。

南3局 菅原の手牌 ©ABEMA
南3局 優 中, 赤ドラ×2 1000・2000 ©ABEMA

南4局はトップの優が47000、2着の東城が30400持ちと東城はハネマンツモが届かない状況。アガればトップの優が[二][五]待ちのダマテンに構える。そこに親の渋川が[③][⑥]待ちで追いついてリーチ。しかし東城が渋川の現物[二]を打ち、優の1300のアガリで終局。

南4局 渋川の手牌 ©ABEMA
南4局 優 イーペーコー 1300 ©ABEMA

最初のリードを守って逃げ切った優が個人3連勝を達成!このトップでチームも首位に浮上した!

第2試合トップの優 ©ABEMA

第2試合結果
1位 優(Pirates)+69.3
2位 東城(フェニックス)+9.1
3位 渋川(サクラナイツ)▲27.0
4位 菅原(BEAST)▲51.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月11日トータル結果

Pirates(瑞原2着・優1着)+84.4
フェニックス(魚谷1着・東城2着)+71.5
サクラナイツ(岡田3着・渋川3着)▲52.1
BEAST(中田4着・菅原4着)▲103.8

Piratesが優のトップで首位に浮上、フェニックスも最下位脱出となった。苦しい戦いが続いてしまったBEASTはマイナスポイント500に乗ってしまった。しかし1戦1戦の結果に悲観的になりすぎないことが大切。長い目でここから戦って行きたい。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月12日の対戦カード ©ABEMA
12月11日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top