麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
マージャンで生きる人たち 第19回 フリーライター 福地誠 「まだ本になったことがない新テーマの本を作りたい」

マージャンで生きる人たち 第19回 フリーライター 福地誠 「まだ本になったことがない新テーマの本を作りたい」

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

『現代麻雀押し引きの教科書』(洋泉社)をはじめ、麻雀ジャンルを中心に50冊以上の本の執筆と編集に携わっているフリーライター/編集者・福地誠さん。出版のプロとしての矜持と仕事論を聞いた。

福地誠(ふくち・まこと)プロフィール

1965年、東京生まれ埼玉育ち。水瓶座、A型。東京大学教育学部卒。フリーライター。学生時代、九蓮宝燈をアガった時に役満賞として雀荘からもらった灰皿を現在も愛用中。

 

麻雀を始めたきっかけは?

「中学生のとき、憧れの職業は将棋指しだったんですよ。実力はからっきしだったんですけど、将棋指しが一番かっけぇなぁ!って。それが中3のとき、ふと麻雀の入門書を読んでみたらめちゃくちゃおもしろくて、ハマる対象が将棋から麻雀にターゲットオン的に切り換わりました(笑)。でも周りに麻雀ができる同級生はいなくて、しかたなく目につく麻雀の本は片っ端から読んでいました。初めて麻雀を打つ機会を持てた2年後には、すでに50冊以上の麻雀の本を読んでいて、完全に頭でっかち系の雀士でした(笑)」

「次にハマったのは大学時代の後半でした。就職活動で全敗してしまい、そのときたまたま麻雀で勝ったことで、昔ハマってた時期を思い出し、俺にはこれしかない!って(笑)。そしてまもなく麻雀荘でアルバイトをするように……。これはぼくの持論なんですけど、麻雀は仕事や学業や家庭から逃げてる人が強くなるゲームなんですよ(笑)。強くなるには、まず現実逃避からです(笑)」

 

フリーライターになったきっかけは?

「大学時代の後半は留年を続けて麻雀ばかり打っていたのですが、そのときの彼女が妊娠して結婚したんですよ。いわゆる“できちゃった結婚”です。しかし、彼女の親が麻雀荘のアルバイトじゃ駄目だと強硬に言ってきたので、麻雀以外の仕事は考えられなかったため、麻雀本の出版ではナンバーワンだった竹書房を受けました。3ヶ月後には子供が生まれる状況の中、ここ以外どこも受けていないんですと言ったら、入れてくれました(笑)。そんな温情で入れてもらった立場なのに、麻雀を打つのと麻雀の出版物を作ることは全然違うんだと入社してからわかりました。しかも会社員は性に合わなかった(笑)。頑張っても頑張らなくても一緒で、責任があるようで無いことに納得がいかなかったんです。いつも無断欠勤しては麻雀ばかり打っていて、よくクビにしないでいてくれたもんだと思いますけど、さすがに居づらくなってきて、入社から3年後の30歳のときに退社しました。以降はフリーライターとして活動しています。フリーランスになってからは、頑張った分だけ実入りがあって、実入りがないのは自己責任。これがぼくにとっての仕事のイメージで、フリーになってからは自然体でやってこられました」

「これもまたぼくの持論なんですけど、麻雀が好きなのは病気なんですよ。麻雀が面白すぎて病気になっちゃう。依存症化して、アルコール中毒みたいな麻雀中毒となります。そうなってしまうとすぐに回復しようとするのは無理で、根気強く付き合っていくことが必要になります。ぼくは会社員だった3年間に、ようやくひどい中毒状態から脱してきて、ふつうの麻雀愛好家までトーンダウンできた感じです」

aフォト1
▲「真のプロとは世の中に何かしらを提供して対価を得る者」と語る福地さん。まさに麻雀界のプロと言える

 

元々書くことは好きだったんですか?

「先ほど、中学生のときの憧れは将棋指しだったと言いましたが、高校生のときはプロスキーヤーか作家になりたかったんですよ。作家というのはエッセイスト的なやつ。そういう意味では近い立場になれているかもしれません。大学受験時代に小論文で全国1番になったこともあるんですよ。当時から筋道を立てて文章を書くことは得意でした」

 

企画を立てるときに意識していることは?

「企画を立てるためというか、その前段階になるんですが、普段から、①自分は何をおもしろと思うか、また②世間の人たちは何をおもしろいと感じているらしいか、という2つを分けて、両方を鋭敏に感じるようにトレーニングしています。約20年前になりますけど、ぼくがフリーライターになった頃は、漫画誌の『近代麻雀』シリーズが月に3冊出ていました。それを発売されるたびにすべて読み、おもしろさの順番を決めていました。そして1カ月後にアンケート結果が出たら答え合わせをします。何が人気あって、何がなかったか、その理由を自分なりに分析します。そのサイクルを10年くらい繰り返しました。当時はバビィこと馬場裕一さんが麻雀ライターの第一人者として君臨していました。アンケート結果で、ぼくはかならず負けるわけです。5年くらい、なぜ勝てないんだ…、何が違うんだ…、そんな自問自答の果てしない繰り返しでした。互角になれるまで7年くらいでしたかねぇ。今もその延長上にあって、麻雀の書籍が出るたびに、どれくらい売れそうかの予測と、数カ月してからの答え合わせをしています。いうなれば、人気予測マシーンとして自分を作っています」

 

執筆にあたって、心がけていることとは?

「ロジックと直感のバランスですね。ロジックは現代社会では共通言語で、これが基本になります。ぼくは麻雀とは関係ない本もよく読むんですけど、この本の図式で麻雀を説明したら…って、いつも考えています。本を作るときに、全体の大きな枠組みを考えるのはほぼロジックです。その一方で、直感もまた大切です。直感を大事にするため、何事に対しても素人っぽい意見をできるだけ持つように意識しています。どの分野でも、仕事をやっていくうちにプロ化していきます。それは絶対に必要な過程ですけど、その一方で素人っぽい直感がないと、正しいだけで魅力ない商品を作るようになっちゃうんですよね。ぼくの本はわかりやすいと誉められることが多いのですが、そのわかりやすさは素人っぽさからくるものです。ぼくの父は数学の教師なんですけど、『数学者が書いた数学の本は難しくてよくわからない。物理学者が書いた数学の本はわかりやすい』と言っていました。専門家って、放っておくと厳密性の迷路に入り込んでしまいます。意識的に自分を素人にしていかないと、発想がシンプルにならないんですよ」

 

最近面白かった本は?

「漫画もよく読むんですが、ここ1年の間に素晴らしいなと思った作品は『かくかくしかじか』(集英社)ですね。『東京タラレバ娘』(講談社)の作者でもある東村アキコさんの半生を描いた作品で、クリエイター系を志望する人にはオススメです」

 fuku
▲近代麻雀のバックナンバー30年分が並ぶ書斎。麻雀からビジネス書、漫画、歴史までジャンルは幅広い

 

なぜ路上販売を行っているのですか?

「本を出版しても1冊売れて印税数十円という世界。よほど売れない限りはビジネスとしては成立しません。5000人を対象とした商業出版よりも、500人を対象とした自費出版の方が将来的に可能性があるんじゃないか。そんな風に思って、本の直接販売というビジネスモデルを構築を目指す準備でもあります。そして何よりも買ってくれる人と直接触れ合えるのが大きい。最近は麻雀でこんなことがあったとか、どこぞの雀荘がこんな状況なの知ってます?といった何気ない会話が面白いんです。10年ぶりぐらいに会いに来てくれる方もいて、小さなイベント感覚です」

 

この仕事を目指す人へのアドバイス

「今の時代は、麻雀に限らず他のジャンルでも、専門分野は”掛け算”になってきています。麻雀だと、たとえば漫画原作者の来賀友志さんは麻雀×漫画原作の専門家です。麻雀じゃない話のストーリーも作るわけです。小林未沙さんは、麻雀×声優ですね。ぼくの場合は麻雀×出版で、麻雀以外の本も書いたり編集したりします。つまり、何かの分野のプロになって、そのスキルと麻雀との掛け算ということです。だから、何かのプロになって麻雀の世界に来てほしい。もちろん専門分野によっては活用しにくいものもあるでしょうが、今までにない掛け算であることが大きな可能性だといえます。すでにある組み合わせだと、先人を超えるものを持っていないと認めてもらえず、ハードルがぐっと高くなります」

「その一方で、どの分野の仕事をするとしても掛け算が重要になるということは、過去の経験がすべて役に立つ可能性があることになります。若いときのわずかな経験が思いがけない形で役に立つことは、仕事人生が長い人なら誰しも感じたことがあるんじゃないでしょうか。いろいろな経験をしていることは芽を持っていることになり、その芽は将来伸びるかもしれません。芽をいっぱい持っていることは、有利なことになります。若い人は、弁護士になるには…みたいに、その仕事に入るまでしか考えない傾向がありますけど、その仕事に入ってからの方が長く、そのときにいろいろな経験がプラスとなります。勉強しかしてこなかった人は苦しくなりますね」

aフォト3
▲「麻雀も仕事も勝ち負けのある世界。だから趣味のダンスに没頭できます。勝敗がないので」

 

好きな言葉は?

「意志あるところに道は開ける。アメリカ合衆国第16代大統領、エイブラハム・リンカーンの言葉です」

 

福地さんにとって麻雀とは?

「正直、なんでこんなにやっているんだろうって不思議なんですよね。色紙に麻雀は60歳になってからと書いていた時期もあったんですが、麻雀ばっかりやっていると、楽しくてあっという間に時間が経ってしまいます。60歳からの健康麻雀ってホントいいと思うんですよ。麻雀は人生の縮図みたいな言葉はあまり好きじゃないんですが、人生の縮図みたいなところもある。麻雀の中にすべてがあるのかと言えば、そこまでは言えないけれども、そう思って人生を賭けることもあるような。すいません、とりとめのない話になっちゃって(笑)」

 

今後挑戦していきたいことは?

「今までなかった本を作りたいですね。これまでは売れそうな本ばかり意識してきましたけど、これからは売れそうな本プラス、あまり売れないと予測がついていても、これまでなかった本を作りたいと思います。たとえば三麻の本です。最近何冊か出つつありますけど、まだ内容的に十分とはいえません。あと国際公式ルールの戦術書はまったくないですね。それから自分の本の中国語訳や英語訳もやりたいことです。日本麻雀をする外国人は増えていますが、外国語で戦術を説明するコンテンツは皆無です。それから、麻雀のデータ的な研究と分析もまだ不足しています。何年かすると麻雀もAIから学ぶ時代が来るはずで、そうなったときにはデータをまとめた本はもう作られない時代に入るんじゃないかと危惧しています。その前に作っておかないと。なんにせよ、いっぱい売れなきゃいけないという制約さえ外してしまえば、作るべき本は無数にあります」

aフォト4
▲天鳳名人位第6期、日刊スポーツ杯争奪スリアロトーナメント2015前期優勝と実力は折紙付き

 

インタビューを終えて

本を制作する時、取材をする時、福地さんが意識しているテーマはシンプルだ。「実戦で勝つため」。一見、麻雀における膨大なデータは無味乾燥とした数値にすぎない。しかしその数値は、勝つための視点で分析され、世の中とリンクしたときに新たな息吹がもたらされる。諸葛孔明や真田幸村など軍師が好きとのことだったが、こういった軍師さながらの行程を経ているからこそ、紡ぎ出される文章は勝つための説得力に満ち溢れているのだ。

 

インタビュー・文責:福山純生(雀聖アワー) 写真:河下太郎(麻雀ウオッチ)

◎福地誠天鳳名人位blog
http://fukuchi.cocolog-nifty.com/blog/

 

マージャンで生きる人たち back number

新着記事

Return Top