麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【3/25 Mリーグ2023-24 第1試合結果】ここ大一番で二階堂瑠美が価値あるトップを持ち帰る!これで6位の風林火山と7位のビーストの差は約150pt差に!2着はアガリへの嗅覚が光った岡田紗佳!MVP争いの可能性を残す!

【3/25 Mリーグ2023-24 第1試合結果】ここ大一番で二階堂瑠美が価値あるトップを持ち帰る!これで6位の風林火山と7位のビーストの差は約150pt差に!2着はアガリへの嗅覚が光った岡田紗佳!MVP争いの可能性を残す!

CABO求人麻雀BarWatch

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」105日目が3月25日(月)に開催された。

3月25日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:岡田紗佳

南:鈴木優

西:渡辺太

北:二階堂瑠美

第1試合

東1局は終盤に瑠美が仕掛けてタンヤオの[⑤][八]の先制テンパイを果たす。すぐにチートイツの一向聴であった太から[八]が余り、瑠美の2000のアガリで開局。

東1局 瑠美 タンヤオ, ドラ×1 2000 ©ABEMA

東2局は赤を2枚持っている親の優が[八]をポンしてクイタンに向かう。子3人は受けに回り優の一人旅となる。結果、終盤に[赤⑤]単騎待ちとなった優の一人テンパイで流局。

東2局 流局 ©ABEMA

東2局1本場は親の優が[一][四]待ちで先制リーチ。さらに太もカン[八]待ちで追いかけリーチをかける。リーチ時に山に7枚あった優がタンヤオのつかない安目の[一]をツモり、2000オールのアガリでリードを広げる。

東2局1本場 太の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 優 リーチ, ツモ, 裏ドラ×1 2000オール ©ABEMA

東2局2本場は岡田が[中]をポンしてピンズのホンイツへ向かう。さらに太も[発]をポン。瑠美は[東]をポンして[三][六]待ちの先制テンパイ、さらに[八]をアンカンして打点も上昇する。そこに親の優がフリテンを引き戻して[白][9]のシャボ待ちでリーチをかけるが、すぐに瑠美が[六]をツモって1600・3200のアガリでトップ目に立つ。

東2局2本場 優の手牌 ©ABEMA
東2局2本場 瑠美 東, 赤ドラ×2 1600・3200 ©ABEMA

東3局は親の太がカン[3]待ちで先制リーチ。そこに岡田がカン[⑥]をチーして片アガリの[七]待ちで追いつく。すぐに[七]をツモって1000・2000のアガリ。

東3局 太の手牌 ©ABEMA
東3局 岡田 三色同順, 赤ドラ×2 1000・2000 ©ABEMA

東4局は太が[北]をポンしてマンズのホンイツへ向かう。そこにリャンメンターツを払った岡田が[⑥][⑨]待ちの先制リーチ。さらに仕掛けていた親の瑠美が絶好の[赤⑤]を引いて[四][七]待ちで押し返す。回っていた太も[6][9]待ちで追いつくが、余った[七]で放銃となる。瑠美の5800のアガリで連荘に成功。

東4局 岡田の手牌 ©ABEMA
東4局 太の手牌 ©ABEMA
東4局 瑠美 タンヤオ, 赤ドラ×2 5800 ©ABEMA

東4局1本場も太が[発]をポンしてソーズのホンイツへ向かう。そこに2番手の優が[2][九]待ちで先制リーチ。さらに一度はテンパイを外した岡田がカン[⑦]待ちで追いかけリーチをかける。選択がうまくハマり、山に1枚の[⑦]をツモって2000・4000のアガリでトップを追いかける。

東4局1本場 優の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 岡田 リーチ, ツモ, ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

南1局は瑠美がペン[三]をチー、[中]をポンしてマンズのホンイツへ向かう。そこに太が[5][8]待ちで先制リーチ。これを一発でツモり2000・4000のアガリで点数を盛り返す。

南1局 太 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南2局は太がダブ[南]をポンして[④][⑦]待ちの先制テンパイ。ドラ対子で[北]をポンしていた岡田の先切りの[④]が捕まり、太の5200のアガリ。

南2局 岡田の手牌 ©ABEMA
南2局 太 ダブ南, 赤ドラ×1 5200 ©ABEMA

南3局は親の太がペン[⑦]をチーしてチャンタへ向かう。さらに[北]をポンしてカン[八]で先制テンパイをいれる。優も仕掛けて[3][8]待ちで追いつく。三色同順が確定していた岡田から[八]が余り、太の2000のアガリで連荘に成功。

南3局 優の手牌 ©ABEMA
南3局 太 チャンタ 1500 ©ABEMA

南3局1本場はトップ目の瑠美が[⑤][⑧]待ちでマンガン確定の先制リーチ、2000・4000のツモアガリで大きく突き抜け、トップがより強固になる大きなアガリとなった。

南3局1本場 瑠美 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

トップ目の瑠美が39900、優が22700、岡田が20600、太が16800持ちと下3人が競った展開でオーラスを迎える。岡田がダブ[南]がアンコの[一][四]待ちで先制テンパイをいれる。すぐに1000・2000のツモアガリを決め、2着に浮上して終局。

南4局 岡田 ツモ, ダブ南 1000・2000 ©ABEMA

二階堂瑠美がボーダーを引き上げる価値あるトップを獲得!風林火山とビーストの差はこれで約150pt差に!

 

第1試合トップの瑠美 ©ABEMA

第1試合結果
1位 瑠美(風林火山)+57.9
2位 岡田(サクラナイツ)+4.6
3位 優(Pirates)▲18.3
4位 太(ドリブンズ)▲44.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top