麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【3/29 Mリーグ2023-24 第2試合結果】渋川難波が三度の一発ツモで圧倒的なリードを築き、レギュラーシーズン最終日に大トップを獲得!BEAST、雷電、フェニックスが無念の敗退、4月8日からはセミファイナルに突入!

【3/29 Mリーグ2023-24 第2試合結果】渋川難波が三度の一発ツモで圧倒的なリードを築き、レギュラーシーズン最終日に大トップを獲得!BEAST、雷電、フェニックスが無念の敗退、4月8日からはセミファイナルに突入!

CABO求人麻雀BarWatch

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」レギュラーシーズン最終日となる108日目が3月29日(金)に開催された。

3月29日の対戦カード ©ABEMA
解説:村上淳 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:渋川難波

南:猿川真寿

西:勝又健志

北:浅見真紀

第2試合

東1局、親番の渋川が[中]のポンから仕掛けて[三][六]待ちのテンパイ。そこに勝又が[三][六]を4枚使いきってカン[四]待ちでリーチを敢行。捲り合いは勝又が[四]をツモって制し、2000・4000のアガリを決めた。MVPが目前に迫る。

東1局 勝又 リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東2局、渋川が絶好の[④]を引いて満貫以上確定の[三][六]待ちで先制リーチ。親番の猿川にも七対子のテンパイが入り、現物の[四]単騎でヤミテンを選ぶ。しかし猿川の元に3枚目の[六]が来てしまい放銃となり、渋川が8000のアガリを決めた。

東2局 猿川の手牌 ©ABEMA
東2局 渋川 リーチ, ピンフ, タンヤオ, ドラ×1, 裏ドラ×1 8000 ©ABEMA

東3局、親の勝又が[3]を暗カンするなか、浅見がタンヤオドラ1の[二][⑥]待ちで先制リーチ。勝又も[白]をポンして[④][⑦]のテンパイを取ると、直後に浅見が[④]を掴んで放銃、勝又が7700のアガリを決め、一人突き抜ける展開に。

東3局 浅見の手牌 ©ABEMA
東3局 勝又 白, ドラ×1, 赤ドラ×1 7700 ©ABEMA

東3局1本場、勝又が七対子ドラ2の[三]単騎でテンパイし、ヤミテンに構える。そこに渋川が赤2の[③][⑤][⑥]待ちでリーチをぶつける。勝又も戦う姿勢を見せるなか、渋川が[⑤]を一発ツモ。さらに裏を1枚乗せ、3000・6000の大きなアガリを決めた。勝又が親被りし、渋川がトップ目に躍り出た。

東3局1本場 勝又の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 渋川 リーチ, 一発, ツモ, 赤ドラ×2, 裏ドラ×1 3000・6000 ©ABEMA

東4局は親の浅見以外の3人テンパイで流局となり、南入。

東4局 流局 ©ABEMA

南1局1本場、浅見がタンヤオで仕掛けてテンパイを入れるなか、親の渋川が[⑥][⑦]待ちでリーチ。[⑦]を一発ツモ、2000オールの加点に成功した。

南1局1本場 渋川 リーチ, 一発, ツモ 2000オール ©ABEMA

南1局2本場、渋川がピンフ赤1高目タンヤオの[1][4]待ちで先制リーチ。次巡に[4]を手繰り寄せると、三度目の一発ツモとなり、6000オールのアガリを決めた。持ち点は7万点に迫り、トップを独道。

南1局2本場 渋川 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, タンヤオ, 赤ドラ×1 ©ABEMA

南1局3本場も渋川。終盤に面子手の[⑤]単騎でリーチを敢行すると、ラス牌の[⑤]をツモって4000オールのアガリ。ついに持ち点は8万点を超えた。

南1局3本場 渋川 リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 4000オール ©ABEMA

南1局4本場は勝又と渋川がそれそれタンヤオで仕掛けてテンパイ。終盤にテンパイした浅見がワンチャンスの[4]を勝負して勝又に放銃。3900のアガリで渋川の親を落とした。

南1局4本場 浅見の手牌 ©ABEMA
南1局4本場 勝又 タンヤオ, 赤ドラ×2 3900 ©ABEMA

南2局、猿川最後の親番で[③][⑥]待ちの先制リーチ。ほどなくして[⑥]をツモ、2000オールのアガリとなった。

南2局 猿川 リーチ, ツモ, ドラ×1 2000オール ©ABEMA

しかし南2局1本場は浅見の[2][5]待ちリーチに猿川が捕まり、2000の放銃。無念の親落ちとなった。

南2局1本場 猿川の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 浅見 リーチ, ピンフ 2000 ©ABEMA

南3局、再逆転を目指す親の勝又がピンフ一盃口の[一][四]待ちでリーチ。形式テンパイを入れていた猿川が[一]を選んで放銃となる。裏1枚乗せて勝又が12000のアガリを決めた。

南3局 猿川の手牌 ©ABEMA
南3局 勝又 リーチ, ピンフ, イーペーコー, 裏ドラ×1 12000 ©ABEMA

南3局1本場、浅見がフリテンの[3][6][9]待ちで先制リーチ。そこに[南]をポンしてホンイツに向かった猿川が[②][⑤]待ちでテンパイ。さらにタンヤオで仕掛けた親の勝又が[③][⑥]待ちで追いつく。ドラが押し寄せた渋川もテンパイを取るため仕掛けるが、打ち出した[⑤]が猿川に捕まり放銃。猿川が5200のをアガってオーラスへ。

南3局1本場 浅見の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 勝又の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 渋川の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 猿川 南, ホンイツ 3900 ©ABEMA

オーラス、持ち点は渋川が73,600、勝又が38,100、猿川が-1,500、浅見が-10,200という並び。

猿川と渋川が着順確保のため仕掛けてそれぞれテンパイ。渋川は[中]単騎から[二][五]待ちに、猿川は[一][四]待ち。

最期は渋川が[一]を掴んで猿川の1000のアガリとなり、レギュラーシーズンにピリオドを打った。

オーラス 渋川の手牌 ©ABEMA
オーラス 猿川 南 1000 ©ABEMA
第2試合トップの渋川 ©ABEMA

第2試合結果
1位 渋川(サクラナイツ)+92.6
2位 勝又(風林火山)+18.1
3位 猿川(BEAST)▲40.5
4位 浅見(ドリブンズ)▲70.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

3月29日トータル結果

風林火山(勝又1着・勝又2着)+98.3
サクラナイツ(堀4着・渋川1着)+30.9
ドリブンズ(浅見2着・浅見4着)▲49.6
BEAST(大介3着・猿川3着)▲79.6

セミファイナル最後の椅子を争う戦いとなったがここは風林火山に軍配、BEAST、雷電、フェニックスが無念のレギュラー敗退となった。

1週間の休暇を経て、4月8日からセミファイナルの戦いが始まる。

レギュラーシーズン終了時点のトータルランキング ©ABEMA
セミファイナル初日4月8日の対戦カード ©ABEMA
レギュラー終了時点の個人スコア

MVPは勝又があと一歩まで迫ったが、28日に劇的な連闘連勝を決めた鈴木優が初戴冠となった。

半荘最高スコア

半荘最高スコアは鈴木たろうが今季のみならずMリーグ通算での最高スコアを100点更新する112800点のトップで受賞した。

4着回避率

4着回避率は伊達朱里紗が受賞、なんと僅か3年で最高スコア、MVP、4着回避率の3部門全てで個人タイトルを獲得した。

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top