麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
瀬戸熊と松本がトップでそれぞれ2位、6位に浮上 各者残すはあと1戦/RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 51/52回戦

瀬戸熊と松本がトップでそれぞれ2位、6位に浮上 各者残すはあと1戦/RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 51/52回戦

CABO求人ニルウッドカバー

 RTDリーグ2018のBLACK DIVISION51・52回戦が7月23日に放送され、51回戦は瀬戸熊がトップで2位に浮上。52回戦は松本がトップ。暫定6位となり来期続行での意地を見せた。

 51回戦は1位の小林、3位の瀬戸熊、4位の内川、8位の村上の対戦。7位になる条件を考えると必ずトップをとらなければならない村上、しかし東1局の親番は内川があっさり聴牌を入れてリーチ。ツモあがりとなり親が流れてしまう。東場は各者1度づつツモあがりをするも、小林は3000・6000のあがりでややリード。南場の親番で、村上は必死の聴牌をいれ、連荘を重ねるも、瀬戸熊のリーチに捕まり放銃となってしまう。その後内川が親番で2600オールは2800オールのあがりで3着に浮上。オーラスは瀬戸熊がトップ目に浮上。その後内川が2着に浮上するあがりを決め半荘終了。村上は厳しい立場で最終戦を迎えることとなった。

RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 51回戦
順位 選手名 ポイント
1 瀬戸熊直樹 52.5
2 内川幸太郎 12.3
3 小林剛 ▲11.2
4 村上淳 ▲53.6

  52回戦は2位の白鳥、5位の萩原、6位の多井、7位の松本の対戦。7位の入れ替え戦争いとなる多井と松本の対戦に注目が集まった。東1局に松本が2000・4000のあがりで先制。しかし東2局に親番の多井がカンドラの役牌を暗刻とした12000を松本から直撃。この時点で14000点差をつけた。しかし、松本は5200を白鳥からあがり、やや点差を詰めた後の南3局の親番は聴牌が欲しい局面だったが3着目の萩原のリーチに対してオーラスの満貫ツモ条件が残る為に辛抱強くオリを選択。その後のオーラスも苦しい配牌だったが地道にホンイツに伸ばしドラのを重ね、待ち選択も正解。ホンイツドラドラのツモあがりでトップに浮上。このトップで多井とのトータルポイントを逆転。6位となり最終戦に向け大きなトップとなった。

RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 52回戦
順位 選手名 ポイント
1 松本吉弘 54.5
2 多井隆晴 12.5
3 萩原聖人 ▲18.2
4 白鳥翔 ▲48.8
RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION TOTAL 52/54
順位 選手名 ポイント
1 小林剛 554.5
2 瀬戸熊直樹 246.7
3 白鳥翔 208.5
4 内川幸太郎 68.4
5 萩原聖人 ▲86.2
6 松本吉弘 ▲222.6
7 多井隆晴 ▲237.2
8 村上淳 ▲532.1

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top