麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
雀サクッチームがチーム戦初制覇!池沢がオーラスで大逆転!/第10期夕刊フジ杯

雀サクッチームがチーム戦初制覇!池沢がオーラスで大逆転!/第10期夕刊フジ杯

CABO求人全自動麻雀卓スリム

<夕刊フジ杯争奪第10期麻雀女王決定戦>◇チーム戦決勝◇17日◇夏目坂スタジオ

 夕刊フジ杯争奪第10期麻雀女王決定戦のチーム戦決勝が17日に行われ、雀サクッ(佐藤あいり、池沢麻奈美)が優勝した。西日本チームの優勝は初。

 最終戦を迎えて首位の麻雀BULL中野店・山脇千文美がこの半荘もトップ目でオーラスを迎える。しかし池沢がピンフでテンパイした山脇から18000点(チンイツ)を直撃し背後まで迫った。すると次局では、苦しい配牌から丁寧に進めてチートイツをテンパイしてリーチ、単騎を再び山脇から直撃。さらに優月みか(スリーファイブ新宿店シリウス)から12000点(ピンフ・三色・ドラ1)をアガって勝負あり。

 池沢は勝因となったチンイツについて、「局面的にチンイツに行くべきか迷ったのですが、腹をくくって行きました。」とコメント。昨年まで別のチームで対戦し、何度も敗れていたチームメイトの佐藤は、「精神面でのサポート役」として池沢を支えた。池沢はアマ時代に第6期の個人戦で優勝して以来の夕刊フジ杯優勝となり、西日本チームに初めての優勝を持ち帰った。

チーム戦決勝結果
順位チーム名選手名ポイント
1 雀サクッ 佐藤あいり 池沢麻奈美 66.4
2 麻雀BULL中野店 上野あいみ 山脇千文美 柚花ゆうり 18.0
3 ClubNPM 豊後葵 愛内よしえ 逢川恵夢 ▲35.3
4 スリーファイブ新宿店シリウス 東城りお 山田真木子 優月みか ▲49.1

夕刊フジ杯日程・システム・参加選手など

【歴代優勝者】

個人
第1期:二階堂瑠美(日本プロ麻雀連盟)
第2期:成瀬朱美(日本プロ麻雀協会)
第3期:成瀬朱美(日本プロ麻雀協会)
第4期:宇佐美うみ(最高位戦日本プロ麻雀協会)
第5期:佐藤かづみ(最高位戦日本プロ麻雀協会)
第6期:池沢麻奈美(日本プロ麻雀連盟)※当時アマ
第7期:水瀬千尋(日本プロ麻雀協会)
第8期:高宮まり(日本プロ麻雀連盟)
第9期:上野あいみ(日本プロ麻雀協会)
第10期:豊後葵(日本プロ麻雀協会)

団体 ※団体戦は第4期から
第4期:JAJA雀
第5期:はこパラ
第6期:マーチャオ
第7期:Club NPM
第8期:Club NPM
第9期:かめきたざわ
第10期:雀サクッ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top