麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

麻雀カボオーロラカップ、予選3組ハイライト!成瀬朱美プロ圧巻の麻雀!

麻雀カボオーロラカップ、予選3組ハイライト!成瀬朱美プロ圧巻の麻雀!
姫ロン
2017年07月26日 15:48

こんにちは、まろちょふです。

今回は6/29(木)に姫ロンチャンネル で放送された第4回姫ロン杯 麻雀カボオーロラカップの予選3組のハイライトをお届けします!

その前に、大会概要や参戦プロの方々を確認しましょう。

大会概要

第4回姫ロン杯は、総勢52名の女流プロが4組(麻雀リオ、麻雀カボ、麻雀ブル、麻雀さん)の各トーナメント予選に分かれて対決します。

各トーナメン予選は12人のプロで予選3卓行い、トップとなったプロ3名と、前年度の各トーナメント優勝者が決勝戦を戦います。

各トーナメント予選の決勝にて優勝者と2位になったプロ8名が第4回姫ロン杯 チャンピオンシップ大会に出場します。

詳しくは第4回姫ロン杯公式HPをご確認ください。

出場者

 caboo-rora2

 caboo-rora

予選1組
平岡理恵(日本プロ麻雀連盟)
土田小緒里(日本プロ麻雀連盟)
蒼井ゆりか(日本プロ麻雀連盟)
東城りお(日本プロ麻雀連盟)

予選2組
石田亜沙己(日本プロ麻雀連盟)
逢川恵夢(日本プロ麻雀協会)
白田みお(RMU)
日當ひな(日本プロ麻雀協会)

予選3組
杉村えみ(日本プロ麻雀協会)
成瀬朱美(日本プロ麻雀協会)
松嶋桃(日本プロ麻雀協会)
安達瑠理華(RMU)

決勝シード(前年度優勝者)
米崎奈棋(日本プロ麻雀協会)

上記のメンバーでの戦いとなりました!この記事では対局の概要、場面によっては詳細まで確認しましょう。

予選3組

起家から杉村、成瀬、安達、松嶋の並びとなりました。

01-min

東1局

親杉村 ドラ

a1-min
松嶋が好配牌から3巡目にあっという間に平和ドラ1赤1の待ち聴牌を立直。をツモ。2000・4000のあがりで先制。

 

東2局

親成瀬 ドラ
成瀬が4順目に立直。平和のみの待ちで先制。安達6順目にドラ1赤1の待ちで追いかけ立直。
成瀬がを掴み、安達の5200のあがりに。

 

東3局

親安達 ドラ

成瀬のシャンポン待ちタンヤオ聴牌。赤3pを二枚使った大物手でダマテン。親番の安達が平和のみので立直を打ったが成瀬との二人聴牌で流局。

 

東3局1本場 供託1

親安達 ドラ 

a3_1-min
成瀬が5順目に平和ドラ1赤1の待ちを立直。

a3_2

同巡に松島が追いかけ立直。赤1の待ちをドラのを切って追いかけ!

a3_3

しかし松嶋がを掴み成瀬のあがりに。8000は8300。供託も獲得してトップ目まで1100点差に肉薄する。

東4局

親松嶋ドラ 

松嶋が待ちのツモると三暗刻聴牌だが二枚飛び。一旦ダマにしたがツモ切り立直とする。そのまま流局して松嶋が一人聴牌となる。

 

東4局 1本場 供託1

親松嶋 ドラ

a41-min

連荘に成功した松嶋が待ちのタンヤオ平和ドラ2赤1を9巡目ダマテン。これをあがるとトップ目に浮上となる。安達が放銃となり松嶋の12000は12300のあがりに。トップ目だった安達は痛恨の放銃となった。

 

東4局 2本場

親松嶋 ドラ

トップ目に立った松嶋の親を蹴りたい杉村と成瀬の争いに。

a42_1-min

杉村が3順目で赤1のリーチ。待ちはのノベタン形。

a42_2-min

成瀬が11巡目に平和ドラ1赤1の追いかけ立直。待ちは

a42_3-min

軍配は成瀬、ツモで2200 ・4200のあがりに。これで松嶋を捲りトップ目に躍り出る。

 

南1局

親杉村 ドラ

b1-min

杉村最後の親番だが成瀬の攻めが止まらない。成瀬が中、ホンイツ、一気通貫の8000点を安達からあがる。
これで杉村と安達はかなり苦しい状況に。

 

南2局 親成瀬 ドラ

成瀬は2着目の松嶋と11900点差。ここまでの予選は北家のラス親による逆転が続いていたのでもう一歩突き放したい。

b2-min

という場面であっさり待ちの平和ドラ1の聴牌を入れて立直一発ツモ。成瀬4000オールのあがりで大きく勝ち上がりに近づいた。

 

南2局 1本場 親成瀬 ドラ

b21_1-min

松嶋との差を27900点差まで突き放した成瀬が混老頭七対子を聴牌。一枚切れの単騎。

b21_2-min

同巡に松嶋が高めイーペーコーの待ちで立直。ドラ2赤1で逆転に向け勝負をかけた。

b21_3-min

その松嶋の立直の河にあったを杉村が対子落とし。しかしこれが成瀬のあがり牌。成瀬、9600は9900のあがりとなる。これで勝ち上がりほぼ当確か・・・?

 

南2局 2本場 親成瀬 ドラ

b22_1-min

成瀬の攻めが止まらない。7巡目に平和ドラ1赤1の高めイーペーコーの待ちを立直。

b22_2-min

松嶋がを暗槓。が新ドラとなりで聴牌するもフリテン。一旦ダマテンとする。その後を引きカンに待ち変え。

b22_3-min

しかし成瀬が高めをツモ。6000は6100オール。86700点持ちとなりこれで勝負は決したか?

 

南2局 3本場

親成瀬 ドラ

成瀬は国士に向かい、素直に手を進めた安達が待ち立直。タンヤオ平和の高めで三色だったが安めのでツモあがり。1300・2600は1600・2900のあがりに。

 

南3局

親安達 ドラ

前局あがって親番を迎えた安達はなんとか連荘したいところだが手格好が厳しい。

b3_1-min

成瀬が七対子赤1の単騎を聴牌して立直。場に1枚で絶好、もうオリないという判断か。

b3_2-min

しかし松嶋がツモれば四暗刻の待ちで追いかけ立直!これをあがれば一気に行方がわからなくなる・・・

b3_3-min

・・・所だったが成瀬がツモ。2000・4000のあがりに。は一枚山にいたが松嶋は一度もツモ巡をもらえずにこの局を終えることとなった。

 

南4局

親松嶋 ドラ

松嶋の最後の親番となったが成瀬が待ちの平和ツモ。400・700のあがりに。94300点持ちの大きなトップで決勝進出を決めた。

 

インタビュー

杉村

sugi-min

成瀬さんが強すぎたので箱村えみに改名ですね…成瀬さんにで放銃した局、字牌は危ないなーとは思っていたのですが…他に切れる牌があったと思うので反省しています。

安達

ada-min

松嶋さんにタンヤオ平和ドラ2赤1の12000放銃した局はを自分の手牌で使ったあがり手順がありましたね。ダマテンに対してですが警戒しなければいけないと思っていましたが甘かったですね。成瀬さんのペンへの放銃も、まだマンズのホンイツだが聴牌していないと考えていたために放銃となってしまいました。親番落ちるまでは諦めてはいなかったのですが成瀬さんが強すぎましたね…箱達箱華に改名ですかね・・・安達のことは嫌いになってもRMUは嫌いにならないでね!(笑)

松嶋

matsu-min

もう成瀬さんのあがりが全部高くて…最後の親番なのであきらめないで頑張りました。 四暗刻、1回くらいツモ見たかったなあ…次はもっといい姿を見せたいです また応援してください!

成瀬

naruse-min

なんかのぼせました(笑) 手が入りすぎて… 決勝もこの勢いで頑張りたいですね!

決勝のメンバーは
平岡理恵(日本プロ麻雀連盟)
石田亜沙己(日本プロ麻雀連盟)
成瀬朱美(日本プロ麻雀協会)
米崎奈棋(日本プロ麻雀協会)

の4名です。お楽しみに!

 

この記事を書いた人

まろちょふ
まろちょふ
全国津々浦々に蔓延る魑魅魍魎として存在する。
アマチュアも参加可能の競技麻雀大会にふらふらと参加している。
肉と麺を愛するも胃袋の容量不足に悩みを抱えている。
本名は珍しい苗字なので比較的覚えられやすい。

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)