麻雀さん求人広告

麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

麻雀カボオーロラカップ、決勝ハイライト!成瀬朱美プロ完全優勝の道のり!

麻雀カボオーロラカップ、決勝ハイライト!成瀬朱美プロ完全優勝の道のり!
姫ロン
2017年07月27日 09:50

こんにちは、まろちょふです。

今回は6/29(木)に姫ロンチャンネル で放送された第4回姫ロン杯 麻雀カボオーロラカップの決勝のハイライトをお届けします!

その前に、大会概要や参戦プロの方々を確認しましょう。

大会概要

第4回姫ロン杯は、総勢52名の女流プロが4組(麻雀リオ、麻雀カボ、麻雀ブル、麻雀さん)の各トーナメント予選に分かれて対決します。

各トーナメン予選は12人のプロで予選3卓行い、トップとなったプロ3名と、前年度の各トーナメント優勝者が決勝戦を戦います。

各トーナメント予選の決勝にて優勝者と2位になったプロ8名が第4回姫ロン杯 チャンピオンシップ大会に出場します。

詳しくは第4回姫ロン杯公式HPをご確認ください。

出場者

 caboo-rora2

 caboo-rora

予選1組
平岡理恵(日本プロ麻雀連盟)
土田小緒里(日本プロ麻雀連盟)
蒼井ゆりか(日本プロ麻雀連盟)
東城りお(日本プロ麻雀連盟)

→平岡理恵プロが決勝進出!レポートはこちら

予選2組
石田亜沙己(日本プロ麻雀連盟)
逢川恵夢(日本プロ麻雀協会)
白田みお(RMU)
日當ひな(日本プロ麻雀協会)

→石田亜沙己プロが決勝進出!レポートはこちら

予選3組
杉村えみ(日本プロ麻雀協会)
成瀬朱美(日本プロ麻雀協会)
松嶋桃(日本プロ麻雀協会)
安達瑠理華(RMU)

→成瀬朱美プロが決勝進出!レポートはこちら

決勝シード(前年度優勝者)
米崎奈棋(日本プロ麻雀協会)

上記のメンバーでの戦いとなりました!この記事では対局の概要、場面によっては詳細まで確認しましょう。

決勝1回戦

決勝1_i-min

起家から米崎、石田、平岡、成瀬の並びとなりました。

東1局 親米崎 ドラ

成瀬がペンで先制リーチ。米崎がそのを暗刻で使った待ちのタンヤオ赤2で聴牌。二人聴牌で流局。

 

東1局1本場

親米崎 ドラ

平岡が最初のあがりをモノにするべく仕掛ける。3順目2副露で1000点テンパイ。6順目で成瀬からあがり。1000は1300のあがりで決勝最初のあがりとなった。

 

東2局 

親石田 ドラ

a2_1-min

石田3巡目聴牌。立直のみのの両面待ちかのシャンポン待ちの選択。打点を重視してシャンポンに取るも一発目のツモが。その後米崎からの安めの出あがりとなった。裏1で3900となったが仕上がりとしては少々残念か。 

 

東2局1本場

親石田 ドラ

 
前局あがって連荘した親の石田が待ちの平和ドラ1赤1を立直。親の満貫で大きくリードしたいところ。

成瀬がカン待ちの三色ドラ1のをダマテンにするもを掴んでオリに回る。石田はツモれずに一人聴牌で流局。

 

東2局 2本場 供託1

親石田 ドラ

a2_2_1-min

石田が配牌赤2。ツモも順調でハネマンが狙えるイーシャンテンに。

a2_2_2-min

しかし平岡が待ちの平和高めイーペーコーのダマテンをいれこれを石田からあがる。平岡1000は1600のあがり。親の本手を潰した大きなあがりとなった。

 

東3局

親平岡 ドラ 

石田がチー、役牌のポンポンでのシャンポン待ち聴牌。他3人はまわって石田一人テンパイで流局。石田は手が入るもなかなかあがりに結びつかずじれったい展開が続く。

 

東4局1本場 
親成瀬 ドラ

親の成瀬が七対子イーシャンテン、米崎は両面リャンカン、石田も両面両面のイーシャンテンとなる。米崎はドラ1赤1であがりを手にしたい所だったが石田が先制の待ち立直。をツモり、500・1000は600・1100のあがりとなる。石田は本手は成就しなかったが要所要所であがりをものにし、トップ目で南場を迎えた。

 

南1局

親米崎 ドラ
平岡が5巡目にカン待ちのタンヤオ三色赤1のダマテン。北家成瀬が追いつきのシャンポン待ちリーチ。親の米崎がペン待ちの立直。

平岡は無筋でドラ表示牌のを引きカンに待ちを変える。

この攻防を制したのは成瀬。をツモり1000・2000のあがりとした。

 

南2局

親石田 ドラ

b2_1-min

トップ目で親番を迎えた石田の手牌。石田はツモ切りとしたが赤に赤が2枚あるルールでなければ違う選択もあるかもしれない。しかしが場1でピンズの情報がまるでない現状はツモ切りが無難であると言える。

b2_2-min

石田の手がイーシャンテンでいる間に成瀬が赤1ドラ2の手牌でをポンしてこの形。積極的に進める。

b2_3-min

これに対して石田は生牌のを引き、満貫クラスの放銃リスクを考え撤退。

b2_4-min

最終的に成瀬は赤は切ることになったが待ちの聴牌。結局成瀬の一人聴牌で流局となった。

 

南3局1本場

親平岡 ドラ

b3_1_1-min

b3_1_2-min

親番の平岡、配牌はパッとしなかったものの丁寧に手を進めタンヤオ平和高め三色の待ちで立直。

b3_1_3-min

見事をツモり6000は6100オールのあがりに。一気にトップ目に浮上した。

 

南3局 2本場

親平岡 ドラ

b3_2_1-min

親の平岡が6順目に七対子ドラ2の単騎待ちを立直。リードを広げにかかる。

b3_2_2-min

これに対抗したのがラス目の米崎二戦目があるとはいえそろそろ上位陣に肉薄したいところ。イーシャンテンから押し返し 待ちの追いかけ立直。

b3_2_3-min

米崎が見事を一発ツモ! 3000・6000は3200・6200のあがりで一気に2着争いが混沌となった。

 

南4局

親成瀬 ドラ

b4_0_1-min

成瀬ほぼ345完成系のイーシャンテンから345がくずれる引き聴牌。難しい判断だがのシャンポン待ち立直とした。

b4_0_2-min

平岡がソウズを落としてまわり、浮いていたをくっつけ待ち立直。見事な手順でこれをあがれば大きく優勝に近づく一手だったが二人にお互いのあがり牌は流れずに流局、二人聴牌となった。

 

南4局1本場 供託2本

親成瀬 ドラ

b4_1_1-min

連荘となった親番の成瀬。成瀬が13巡目に立直。赤2の待ち。

b4_1_2-min

石田も平和三色ドラ1の待ち聴牌。成瀬の現物にがあり、ダマテンとする。

b4_1_3-min

ここで成瀬がを暗槓。新ドラはとなる。

b4_1_4-min

米崎も平和ドラ2の待ち聴牌を入れる。は暗槓されていてもないので山には0枚。

b4_1_5-min

 

成瀬が海底でツモ! なんとが裏ドラとなり立直ツモ海底赤2裏3で8000は8100オール。一気にトップ目に浮上した。

 

南4局2本場

親成瀬 ドラ

連荘した成瀬が七対子単騎の立直。役牌のを仕掛けて待ちの聴牌を入れていた平岡がを掴み放銃。4800は5400のあがりに。2着目からの直撃で成瀬の状況はより有利に。

 

南4局3本場

親成瀬 ドラ

石田がドラ雀頭のカン立直。成瀬はまっすぐ攻めていれば倍満クラスの手だったが手堅くオリ。

立直後石田がを引き後筋になってしまい手詰まりの平岡が放銃。5200は6100のあがりで終局。

1回戦
成瀬 52000
石田 18300
平岡 15800
米崎 13900

1回戦を終えた。成瀬は他者3名に大きく差をつけ優勝に近づいた。

 

決勝2回戦

決勝2-min

起家から平岡 成瀬 石田 米崎の並びとなりました。

東1局

親平岡 ドラ

a1_1-min

 

石田が待ちのフリテン立直。平和赤1だが成瀬との点差を考えると、この手をしっかりツモって点差を縮めたい。

a1_2-min

しかし成瀬をポンしてカン聴牌してツモあがり。役牌赤1の500・1000のあがりに。一回戦の勢いそのままに成瀬が先制した。

 

東2局

親成瀬 ドラ

米崎七対子のみ聴牌。平岡タンヤオドラドラを仕掛けて聴牌。待ちは

石田がを暗槓。新ドラは。そして待ちの立直。

米崎、成瀬は撤退し平岡と石田の二人聴牌で流局。成瀬は得点を減らさずに自分の1度目の親番を終了させた。

 

東3局1本場

親石田 ドラ

a3_1_1-min

成瀬がタンヤオドラ2赤1のダマテンの待ち、8000は8300を米崎からあがる。これでこの半荘でもトップ目に。

 

東4局

親米崎 ドラ

 a4_0_1-min

成瀬が役牌のから仕掛けて待ち聴牌。

a4_0_2-min

a4_0_3-min

米崎と平岡が共に待ちの立直!米崎はダブを暗刻にしたドラ1の満貫確定立直。平岡も平和高め三色ドラ1のどちらも本手。トップ目成瀬に襲いかかる。

a4_0_4-min

しかし平岡がを掴み成瀬に2000点の放銃となった。成瀬は二人分の立直棒も回収して南入。優勝に大きく近づいた。

 

南1 局

親平岡 ドラ 

石田がr3pが雀頭の勝負手だったが、親の平岡がをポンしての1500点のあがりで連荘に成功。成瀬は放銃となったものの安手への放銃で一安心か。

 

南1 局1本場 

親平岡 ドラ

米崎がタンヤオのみの仕掛けをツモあがる。300・500は400・600のあがりに。これで平岡は親番がなくなり厳しい状況となった。

 

南2局

親成瀬 ドラ

b2_1-min

米崎ソウズの4連系を残してペン聴牌取らずの手順が成功しタンヤオ平和ドラ1高めイーペーコーの待ち立直。

成瀬と国士に向かっていた石田は無理せずに撤退して流局。米崎の一人聴牌となる。

 

南3局 1本場 供託1本 

親石田 ドラ

b3_1_1-min

親番の石田が先制。赤1のペン立直。

b3_1_2-min

成瀬もカンのタンヤオイーペーコードラ1のテンパイを入れる。

b3_1_3-min

米崎待ちの追いかけ立直。立直のみだがこれをあがってオーラスの親番を迎えたいところ。

b3_1_4-min

 

これを米崎が一発でツモり裏ドラも1枚。2000・4000は2100・4100のあがりに。これで多少余裕があるトータル2着目となった。

 

南4局

親米崎 ドラ

b4_1-min

米崎がソウズの一気通貫完成系の 単騎聴牌。

b4_2-min

成瀬、役なしカン テンパイ。ダマテンとする。

b4_3-min

米崎がドラのを引き単騎に受け変える。

b4_4-min

そして成瀬がを引いての平和ドラ1聴牌。

b4_5-min

b4_6-min

石田聴牌するも聴牌打牌のが成瀬に捉えられる。成瀬が2000のあがりで自力で優勝を決めた。

二回戦単独のスコア

成瀬36.8
米崎27.4
平岡20.3
石田15.5

 

トータルスコア

成瀬 88.8
米崎 41.3
平岡 36.1
石田 33.8

インタビュー

石田

ishida-min

自分のミスで負けたなという印象です。成瀬さんが強かったのは間違いないのですが。
普段のフォームを崩してしまったらなかなか勝てないですね、次の機会があったらぜひ優勝したいです

平岡

hiraoka-min

今度こそという時なのにミスが出てしまった。どうしても勝ちたいところだったのに悔しい。
1回戦オーラスの5200放銃がとても痛い点数となってしまった。今回も勝てなくてすみません。次は頑張ります

米崎

yonesaki-min

決勝が始まる前に急に緊張しました。
最初の配牌、が3枚あってドキドキフワフワしてました。終始ふわふわした感じで終わってしまいました。姫ロンはい進出は嬉しいです。その場で是非リベンジしたいです。
最終局はどうするか難しいところでした。ドラの単騎はうっかり直撃できれば優勝チャンスがあるかなと。2位ですが、姫ロン杯チャンピオンシップの出場権を頂けたので優勝目指して頑張ります!

成瀬

naruse-min

優勝は8年ぶりくらいなので本当に嬉しいです。子供に壊されないようにトロフィーの置き場所気をつけます(笑)
今回は手役を重視しすぎないように意識していました。メリハリを効かせることができて良かったです。
姫ロン杯チャンピオンシップもこの調子で頑張ります!

hyoushou

 

 

 

この記事を書いた人

まろちょふ
まろちょふ
全国津々浦々に蔓延る魑魅魍魎として存在する。
アマチュアも参加可能の競技麻雀大会にふらふらと参加している。
ラーメンと肉が大好きなダイエッター。
本名は珍しい苗字なので比較的覚えられやすい。
Twitter(@maroonzoltic1)

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)