麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
もっと食うための現代大食技術論 第42回

もっと食うための現代大食技術論 第42回

CABO求人MEWS

 所用のため小倉で一泊することになった時の話。第27回で御紹介しました、「ラーメンだるま小倉店」のツイートを見ていたところ、本日よりぶた(チャーシュー)をウデ肉からバラ肉に変更するとのお知らせが目に入りました。豚肉なら脂身の多いバラの方が好きな私としてこれは見逃せません(笑)

01-min

 汁無し大(野菜マシマシアブラマシマシ)+麺増し+麺増し+麺増し+麺増し+麺増し+ぶた増し+ぶた増し+ぶた増し+ぶた増し+ぶた増し+ぶた増し+生玉子+マヨネーズ 某二郎系ブロガーリスペクトということでマシマシしまくり。1杯のラーメンに2000円です(笑)

02-min

 今回はすり鉢ではなくボウルで登場。これだけなら何とかなるかなと思っていたところに店主登場。これじゃ足りないでしょうということで別皿でチャーシューをどかんと追加、更にはこれまで提供されていたウデチャーシューまで追加。

03-min

 ぶたを全部移したら、あれだけ大量に盛られたもやしを全て覆い尽くしてしまいました(笑)…常連になると量が増えることをデカ盛り業界では、「愛情盛り」と言いますが、ここまでの経験は初めてですね。 店主の愛で胸…じゃなくて腹が苦しかったです(笑) ご馳走様でした。

【店舗情報】
ラーメンだるま 小倉店

▼住所
福岡県北九州市小倉北区京町1-6-11

▼定休日
不定休(日曜営業)

▼食べログ
https://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400401/40044397/

 【お店の近くの雀荘情報】
麻雀 RIO(リオ) 小倉店
リーチ麻雀 さかえ 小倉店
まーじゃん チャン太 久留米店

04-min

 翌日の午後。遠出したからには未訪のデカ盛り店をチェックしておきたい、しかし前日の愛情盛りのダメージを回復しきれていないので控えめにしておきたい。「デカ盛りだけど控えめ」というのも変な話ですが、そんなわけで向かったのが、以前から話には聞いていた小倉の人気うどん店、「更新うどん」、こちらは現在では店名が変わり、「うどん家 米」になっています。(第11回の「米ちゃん」とは無関係です)

05-min

 並でもかなり多いのでミニサイズがあります。大盛りがあるという話もどこかで見た記憶があったのですが、メニューに無かったのでとりあえずごぼう天うどんをオーダーしました。

06-min

 一見ちくわ天と見紛うほどに太いごぼう天が何と5本も入っています。初めて見る人には結構衝撃かもしれません。私は第28回のアレのせいで感覚が麻痺してしまいましたが(笑) 当記事的には量は控えめですが、ごぼう天は外はカリカリ中はホッコリ。うどんはもちもち感があって柔らかく、いりこと昆布の出汁が体に染みます。以前はうどんなら断然コシの強い讃岐うどん派でしたが、最近はこういうのも好きですね。

 この量なのであっさり完食…したのですが、別のテーブルのお兄さんが「大盛り」とオーダーを通している声が聞こえました。どうやらメニューにはありませんが大盛りにできるようです。そんなわけで鴨南うどんの大盛りを追加。特に制止も入らなかったので、麺の量が多少増える程度だと思っていたのですが…

07-min

 丼の大きさがまるで違います。ネタ的には嬉しいですが、食べきれるかちょっと心配になりました(笑) 鴨南は生姜がきいていて食べごたえあります。猛者はこれにごぼう天をトッピングして食べると聞きましたが、既にごぼう天うどんを食べ終えている私は…何なのですかね(笑)

08-min

 無事完食しましたが、控えめとは一体何だったのか(笑) 大盛りは並盛り+150円でした。福岡でも小倉は遠いためまだ未訪のデカ盛り店が多いため、今後もまた調査できればと思います。ご馳走様でした。

【店舗情報】
米(よね 【旧店名】更新うどん 中原店)

▼住所
福岡県北九州市戸畑区中原東1丁目22-17

▼営業時間
11:00~22:00
ランチ営業、日曜営業

▼食べログ
https://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400402/40006232/

 【お店の近くの雀荘情報】
麻雀 RIO(リオ) 小倉店
リーチ麻雀 さかえ 小倉店
まーじゃん チャン太 久留米店

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top