麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
第14回 ネマタの雀魂日記

第14回 ネマタの雀魂日記

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で三人麻雀初の魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

7月は遠征中の疲労もあり思ったほど打荘数が伸びませんでした。今月はペースを上げていきたいものです。

三人麻雀で様々なルールがあるものと言えば北の扱い。雀魂は天鳳同様、抜くとドラ扱い。抜かないと客風扱い。ポンできない(暗槓のみ可能)。河に切ることが可能。抜くことで一発が消える。待ちなら(他に役があれば役満でなくても)アガることができる。を抜いてアガリ牌をツモると嶺上開花がつく。というところ。嶺上開花がつくというルールは天鳳で初めて確認したので、天鳳が出るまではむしろかなり珍しいルールだったのではないでしょうか。取り決めの組み合わせを考えると、の扱いだけで数百通りくらいのルールが考えられそうです。

雀魂牌譜

東1局 ドラ1でもドラ2でも満貫なのは同じ。それならここは北単騎に受けます。アガリが厳しいなら局面次第でを止めるべきケースもありますが、ある程度打ちなれていないとを止める発想には至らないもの。この卓ならつかめばまず出るでしょう。


しかしながら先に親のペンチャン待ちに振り込んでしまいました。ここまで1枚も見えていない待ちでアガれなかった記憶がないので、何てついてないんだと思ってしまいましたが、冷静に考えればつかめば出るといってもアガリ牌が1種なら、三人打ちなら精々3メンチャンがペンチャンに負ける程度の話。何てことはありませんでしたね。

東2局 待ちでなくても、序盤で他家の手牌で浮いている段階でその字牌待ちになればアガれたも同然。こういうケースから、一色手や七対子傾向で字牌がいかにも危険なケースまで含めたうえで、字牌待ちはリャンメンと同程度にアガリやすい(全部生きている場合の待ちなら3メンチャンと同程度)のですから、実戦では局面によってかなりアガリ率に差が出そうです。そのことを踏まえたうえで、より有利な待ちを選べるようになりたいものです

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter


この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top