麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第36回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第36回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節四回戦A卓

▼対局者
Ⓟ木原浩一
Ⓟ中嶋隼也
Cさん:就活生@川村軍団 
Dさん: シンプルなワキガ

牌譜はこちら

36-1-min

 メンツ候補オーバー。カンチャンが即埋まらない限りはホンイツ移行があるのでが残っていた方が有利なのでカンチャン落とし。受けとドラ引き変化があるので打

36-2-min

 ピンズが2メンツ見込みやすい4連形になりました。ピンズで2メンツ作るものとすると実質的にメンツ候補オーバー。カンが先に埋まらない限りは、を残していた方がドラツモで染めなくても満貫手になる可能性が残る分有利なのでここでマンズ落とし。前巡のは残すという人でも、ここではを先に切る方が多いのではないでしょうか。

36-3-min

 をツモってもドラを切ってリーチのみカンの手。それならで手広くなる変化を優先して残し。

36-4-min

 テンパイを逃すツモでもフリテン含みとはいえ3メンチャン残りの高め三色になります。良形変化をみてドラ切りか、ツモをみて打とするかは迷います。

36-5-min

 結果的にはアガリ逃しのうえに跳満放銃となりましたが、アガリ逃しのフリテンリーチすら十分な勝負手ですからこれは致し方ないところでしょう。麻雀を打っていると「最悪の結果」だけは避けたいという発想になりがちですが、むしろ最悪以外はより有利な結果が期待できる選択が正着になることが多いものです。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top