麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第37回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第37回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節四回戦B卓

▼対局者
石橋伸洋
Bさん: 福地誠
小林剛
Dさん: コーラ下さい

牌譜はこちら

37-1-min

 現物が無いので通れば次も通るようにをトイツ落としする手もありますが、テンパイ以前にが切れていることからはリャンメン以外では当たりにくい牌(はシャボや単騎で当たる可能性はある)。もう1メンツできるようなら親ならを押すのも悪くないのでこの時点では打でしょうか。

37-2-min

 を通した後は不要牌が次々に通って何とノーリスクでメンチンテンパイ。流石にこれは出来過ぎですが、「基本は引きでもベタ降りとは限らない」ことを常時意識していれば思わぬ手をテンパイできることも増えると思います。

37-3-min

 こちらはもう1メンツできたところで押すに見合わないことから安牌水増し狙いのトイツ落とし。2枚持ちであることもありを選びそうですが、同じトイツ落としならの方がよかったかもしれません。テンパイ以前にが切れていることからカンの可能性は少なく、とあるならを残してを先に切る可能性もあるのでの可能性も若干低いと考えられるためです。

37-4-min

 赤5を2枚とも切っているうえに宣言牌が4枚目のと奇妙な河になっていますが、を先に切ってリャンメンやシャボでが当たるのは考えにくく、が4枚目なのでドラ単騎もなさそうです。から先切りのペンチャンなら一応考えられますが、先切りならむしろリャンメンで当たり得る待ちの方があり得るのではないでしょうか。も通っているとはいえない以上ここではテンパイに取りそうです。実戦では西家はの1シャンテンからの先切りで待ち。が先に入っていればが当たりでした。中張牌が多く見えて通っているスジが多いリーチに関してはリャンメン固定の先切りが当たるケースもそれなりに増えるので注意が必要です。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top