麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第35回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第35回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節四回戦A卓

▼対局者
Ⓟ木原浩一
Ⓟ中嶋隼也
Cさん:就活生@川村軍団 
Dさん: シンプルなワキガ

牌譜はこちら

35-1-min

 リャンメンを崩す打。初見では意図がつかみづらかったですが、1メンツもないうえにダブも枯れているとなるとメンツ手のアガリはかなり厳しいので、3トイツとはいえチートイツ本線。チートイツなら単騎待ちになった場合に読まれにくいようにここで切りということでしょうか。

35-2-min

 ほとんど先手が取れない手なので、将来当たりになりやすいを切って残し。を残さなくても安牌は十分にありますが、「後手を引いた場合も安牌を切りつつテンパイできる可能性を少しでも残す」のが切りの意図と思われます。

35-3-min

 先行リーチに通りやすい牌を切っていたらまさかのメンツ手テンパイ。リーチのみのうえに2枚切れカンチャンの追いかけリーチは意外に思われた方が多かったかもしれません。

 しかし親でテンパイの時点で、のみ手悪形待ちでも局収支上はベタ降りよりは有利。が2枚切れとはいえ南家のに降りている他家が合わせ打ちをしていないことから山に残っている可能性は比較的高い。少なくともこの巡目であれば平均的な無スジカンチャン待ちに比べて劣るということはないでしょう。東1局なのでトップ目であるというのも局収支差を覆すほどではないとみます。

 このような一見押し過ぎに見える打牌選択に対して、「大会形式で優勝を目指しているから大トップ狙いで攻める」という理由付けがされる場合もありますが、私はこの考え方には懐疑的です。まだ十二節あるうちの一節目。単純にこの半荘の収支期待値がもっともよくなるように打てばよいでしょう。確率計算が難しく感覚判断が必要なケースがあるのも確かですが、このような分野はむしろ感覚判断が正着を打つうえで邪魔になることが多いように思います。(ブログ:ぐっさんの麻雀研究日誌 参考)

35-4-min

 先行リーチ者がをつかんで2400のアガリ。更にリードを広げる展開になりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top