麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第40回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第40回

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節四回戦C卓

▼対局者
私:トトリ先生19歳
多井隆晴
Cさん:タケオしゃん
Dさん: 独歩

牌譜はこちら

40-1-min

 雀頭が無いメンツ候補オーバーの手牌。ソーズのペンカンチャン()は雀頭を作りやすいので、1メンツ出来た場合はマンズのリャンカンを払っていた方が、打に比べてシャンテンが進む受け入れで勝ります。

 しかしながら雀頭が出来た場合はマンズのリャンカンが残っている方が受け入れで勝るうえに、打としてメンツが出来た場合もタンヤオや三色がある以上を残す方がよいとみるのでここでは打としそうです。

40-2-min

 を切っていますがメンツ候補オーバーなので、メンツが出来て1シャンテンになった場合はを落とせばフリテンが残ることはありません。ツモで1シャンテンになり、待ちが残った時はフリテンになりますが、それでも出アガリがきくカンテンパイと比べてそれほど劣らない以上ここは切り。先にを引けば234三色まであるのでなおさらです。

 ツモの場合にフリテン覚悟で三色目を残すかどうかは気になるところ。今回はトップ目ということもあり落としが無難そうですが、局面に応じてを残すことも意識しておいた方がよさそうです。

40-3-min

 平和の1翻がついてもあまり打点は上がらないので明確に強いと言える手変わりはくらい。アガリ逃しのツモでも高め一通6メンチャンテンパイ、最序盤につき3手かかるとはいえマンズチンイツまでみてのテンパイ外しというところでしょうか。このあたりは評価が難しいですね。トップ目とはいえ親で巡目にも余裕があるなら打点重視というところですが度胸の要る選択です。

40-4-min

 結果的には6メンチャンで再テンパイするもアガリ逃し。

40-5-min

 オーラス満貫ツモか跳満出アガリ条件。メンツ手1シャンテンに受けた方がテンパイする受け入れでは明確に勝りますが、が比較的山に残っていそうというだけでなく、東家が待ちの可能性が高いのでメンツ手でテンパイしてもアガれないことが多いとみてのメンツ崩しでしょうか。

40-6-min

 アガリトップのめくり合いは西家に軍配が上がりました。次回から第二節に入ります。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top