麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第41回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第41回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節一回戦A卓

▼対局者
石橋伸洋
Bさん: タケオしゃん
小林剛
Dさん: 独歩

牌譜はこちら

41-1-min

 4枚見え、3枚見えなのでは他家のテンパイが入っても単騎待ちにしか当たらない牌。タンヤオだけでなくトイトイもあるのでここは切りがよかったように思います。

41-2-min

 ドラ3の手ですが1メンツもできないまま中盤に差しかかりました。東家はより後に手出しで字牌を連打していることから、本線はクイタンではなくピンズ一色手です。

 「ロンされる前に切る」と言われることもありますが、親でドラ色のホンイツ手をアガられるとなると振り込みでなかったとしても損失が大きい。1メンツもできていない中盤ならを絞ったことでアガリ逃しになることも少ないので、このは絞るべきでしょう。

41-3-min

 くっつきで手が進み高打点2シャンテン。を絞ることによる受け入れのロスも大きいとなれば切り。「アガリには遠いが、アガれた時に高打点になりやすい」「他家の鳴きが高打点の可能性が高い」「これ以上抱えても鳴かれる可能性が高くならない」といった要素があると、鳴かれそうな牌を一旦絞り、勝負に見合う手になれば切るという選択が有力になることも増えます。

41-4-min

 タンヤオが崩れても出ていくうえにカンチャン待ち。テンパイする受け入れの中では最悪ですが、巡目的にも東家の仕掛け的にもテンパイ外しはかえってリスクが高い選択。ドラドラで手変わりも少なく、出ていく自体は東家の仕掛けに通るのでダマにするくらいならリーチ。当然と言えば当然の選択ですが抵抗がある人もいるかもしれません。

41-5-min

 結果は流局。東家がピンズ染めなのでは使われていることが多いと思いきや、何と王牌に3枚もありました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top