麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第68回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第68回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節一回戦A卓

▼対局者
Ⓟ中嶋隼也
Bさん:福地誠
Cさん:独歩
石橋伸洋

牌譜はこちら

68_1-min

 789三色への変化は残しつつ1シャンテンには取る打ですが、ここで打と2シャンテンに戻すのはどうでしょう。ツモでカンリーチのみのテンパイを逃す代わりに、ツモの三色に加えて、ツモなら多メンチャンテンパイになるくっつき1シャンテンになります。

 自体はカンより価値が高い浮き牌とまでは言い難いのですが、一方の浮き牌の価値が高いので、結果的にアガれた時に789三色がつく可能性を高めるという意味でもシャンテン戻しが有力とみました。

68_2-min

 ペンになった場合に比較的出アガリしやすいという理由だけではツモ変化を見切るには弱いですが、今回はツモの純チャン変化もあるので打が面白そうです。

68_3-min

  から切って高め純チャン三色になっていた場合のリーチ判断が気になります。様々な選択が考えられますが、今回は安めアガリをどうしても避けたいというほどの点数状況ではなく、リーチしてもは比較的出やすそうなのでリーチして安めでもアガるのが無難でしょうか。

 参考:ブログ「とりあえず麻雀始めてみました」より「高め純チャン平和三色の手の構え方

68_4-min

 でテンパイしていたところにツモがリーチの現物で、より前にがツモ切られているのでも比較的通りやすそうなところではありますが、ほぼ通る打シャボを選択。

 確かに手組のうえではは通りやすいのですが、を切っているのにを引っ張ってリーチではいかにも待ちと読まれるところ。天鳳名人戦というフィールドで同卓者の打ち筋を考慮すれば、はそこまで安全とは言えないかもしれません。途中でターツ落としが入っているのでをリャンメン固定した可能性もそれなりにあると言うのもあります。もしが通っていなくても危険牌であったならを止めていたのか気になります。

68_5-min

 も残り4枚で出アガリしやすい待ちではなく、打点込みの放銃リスクはむしろの方が高いまであるとなるとアガった時の打点が高いドラ単騎でしょうか。

68_6-min

 トップ目から満貫直撃。東家としては当たり牌を止められたうえに、高めがまだ4枚とも残っているのに満貫放銃とやむを得ないとはいえ悔しい一局。トップ争いが混沌としてきました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top