麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第69回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第69回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節一回戦A卓

▼対局者
Ⓟ中嶋隼也
Bさん:福地誠
Cさん:独歩
Ⓟ石橋伸洋

牌譜はこちら

69_1-min

 配牌から字牌トイツ3組で鳴いても満貫以上が見えるチャンス手。を残した場合ツモなら打点的にテンパイには取らず打でホンイツのくっつき1シャンテンに受けるところ。ツモでもリャンメンが出来てホンイツに移行できます。

 しかしのトイツという、絞られなければ鳴きやすいトイツを鳴いても満貫なので周りの変化を残すメリットはそれほど大きくありません。それならより安牌になりやすい。トイトイテンパイになった時を先に切っておく事でが比較的出アガリやすくなる。が重なれば打で倍満1シャンテン(極稀に更に字牌を引いて最高ダブル役満)になることからここで打としそうです。

69_2-min

 ノーチャンスということもありここで先切り。

69_3-min

 を先に切っているとはいえ、南よりは後から切られていることからのようなフォロー牌の一部であったことが想定しやすいこと。東家視点で1枚も見えていない牌がと結構絞れていることから、実ははだいぶ危険牌で、放銃すれば満貫以上確定です。とはいえ東家も赤2枚のテンパイ。止めた方がよさそうな気もしますが、個人的には実戦で止まる自信が全くありません。

69_4-min

 裏ドラが1枚乗って11600放銃。ラス前ラス目につき1シャンテンとはいえ押したくなりますが、東家にアガられても連荘。東家が南家から出アガリするようなら着順上昇も期待できるのでラス目であってもそこまで押し寄りの判断にはならないとみます。残りスジ的にもは結構な危険牌。打として凌ぐのがよかったように思います。ひょっとしたらが重なってテンパイに取れたかもしれません。

69_5-min

 アガるとラス確。見逃してツモって裏が乗れば3着ですが、素点も反映されるルールである以上これはアガるところ。しかしこうなると南3局の放銃がなおのこと悔やまれます。

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top