麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第67回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第67回

CABO求人MEWS
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節一回戦A卓

▼対局者
Ⓟ中嶋隼也
Bさん:福地誠
Cさん:独歩
石橋伸洋

牌譜はこちら

67_1-min

 ドラをポンした北家がで鳴いて打。2フーロした直後なのでノーテンの可能性もそれなりにありますがいずれにせよ警戒が必要です。

67_2-min

 警戒するとは言ってもただ通ってない牌を止めればいいというものでもありません。それなりにアガリやすくアガリのリターンが十分にあるなら通りやすいと読める牌は切ります。

 もしこの待ちに当たるとすれば、を鳴く前の北家の手牌は(は雀頭)のくっつき1シャンテンということになりますが、くっつきならよりはを残すのではないでしょうか。同様に考えて悪形待ちに当たるパターンも考えにくい。ドラポンで満貫あるのでホンイツ狙いでを残した可能性も低いと言えます。は北家以外の他家がテンパイした時も通りやすいのでを先に切ります。

67_3-min

 いくら通りやすいといっても絶対ではないので、東家のような低打点悪形残り2シャンテンならも止めるのが無難でしょう。

67_4-min

 北家はカンテンパイ。を切ればスジ待ちカンにも受けられますが、他家から見て手出しのリャンカン。がターツをフォローする牌の一部ならもフォロー牌である可能性が高いのですから、からの打のケースも想定されやすくが出やすいとは言い難いのではないでしょうか。ツモ切りならツモのリャンメン変化も残ります。

67_5-min

 も確実に通るとは言えないのでここでわざわざ切ることもありませんが、ツモで北家に通ってないを止めつつ良形1シャンテンになるので、東家からリーチが入った場合の安牌が多少減る程度のリスクがあるとはいえ打がよかったように思います。

67_6-min

 打ならツモのリャンメン変化がありますが、この巡目からとツモることよりは、テンパイ料もある以上両スジ程度なら押せるとみて他家からが切られることの方が多そうです。

67_7-min

 テンパイしたならくらいはと押してみると次巡にアガリ牌のをツモ。降り本線でも通ると読める牌を切りつつ手を進められる可能性があるうちは手を崩さないよう心がけていれば、結果的に他家のチャンス手を阻止できることが増えます。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top