麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第96回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第96回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第四節一回戦B卓

▼対局者
私:福地誠
Bさん:シンプルなワキガ
Cさん:トトリ先生19歳
多井隆晴

牌譜はこちら

96_1-min

 対面の西家がドラをポン。クイタンだとするとカンチャン落としの後に手出しが不自然です。

96_2-min

 更にのカンチャン落とし。トイトイも一応ありますが、いずれにせよ役牌トイツ以上が濃厚。残りの役牌はのみ。満貫以上確定となると、南家北家を有利にしてでも絞るべきでしょう。

96_3-min

 が切れなくても可能な範囲でテンパイ狙い。クイタンテンパイになったところでを押すか怪しいというのもあり、役牌アンコの-待ちも想定しては切りません。

96_4-min

 まで引いたとなるとテンパイも諦めて降りるよりありません。

96_5-min

 自分にハイテイを回す鳴き。自分がハイテイなら他家がアガったり放銃したりした場合に1翻つかないだけ有利と言えます。

96_6-min

 西家は本当にアンコの-待ち。今回の河であればレアケースとは言えませんね。

96_7-min

 同じ2シャンテンなら鳴いても満貫のチンイツ狙い。他色のリャンメンがあると気付きにくい鳴きかもしれません。

96_8-min

 すぐにテンパイが入りますが結果はラス目の北家がアガって暫定ラス。その後も手は入るもアガリに結びつかずラスのまま終了となりました。

新着記事

Return Top