麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第124回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第124回

BULL2021求人朝宮あろま
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第五節一回戦A卓

▼対局者
私:トトリ先生19歳
Bさん:福地誠
Cさん:就活生@川村軍団
小林剛

牌譜はこちら

 124-1-min

 ホンイツ、チャンタ狙いで1枚目のからポンして、鳴いてから有効牌を引けばよいという考え方もあります。しかし今回はスルーして字牌重なりやくっつきはもちろん、ツモ次第では通常のメンツ手でメンゼンリーチ狙いでも高打点になるケースがあります。

メンツ候補が足りている場合や、メンツ候補不足でも次巡以降のツモにかかわらず1メンツ完成させていた方がよい牌については鳴きますが、ツモ次第で方針が変わる場合については1枚目の字牌はスルー、次もスルーするとメンゼンで進めるよりなくなるので2枚目はポンというのはどうでしょうか。

字牌を鳴くなら1枚目から。1鳴きをしないなら2鳴きもしないと言われることが多く、確かに多くのケースで当てはまるセオリーと言えそうですが、どのような場合に2鳴きをするかと言われれば自分なら上述のように考えます。

124-2-min

 スルーして特に引きたかったツモ。手役がみえてシャンテンが進むなら鳴いて悪いということはないですが、アガリに遠い段階でスルーしても急所になりにくい牌に関しては、一旦スルーあいても有効牌を引きやすくより鳴きやすい手組になることもまずまずあります。何でも鳴けばいいというものではないと言っても、では何なら鳴いた方がよいと言えるのかは自分にとっても未だに答えが出せない長年の課題です。仕掛けの基準について方針をより明確な言葉にしたいですね。

124-3-min

 こうなれば迷わずはポン。を引いた場合も片アガリの1000点テンパイよりは、ホンイツチャンタの5200〜満貫1シャンテン、あるいはホンイツドラやホンイツトイトイの2シャンテンの方がよいのでを落とします。

124-4-min

 まで重なって鳴いてテンパイ。打点が同じならもちろんカンよりもアガリやすいカンに受けます。

124-5-min

 他家からみてかなり怪しい河ではありますが、流石には止まらず7700のアガリとなりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top