麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第161回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第161回

BULL2021求人朝宮あろま
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第六節一回戦C卓

▼対局者
私:就活生@川村軍団
Bさん:シンプルなワキガ
Cさん:タケオしゃん
Dさん:コーラ下さい

牌譜はこちら

 161-1-min

 リーチに対してこちらはドラ無し平和のリャンメン×2の1シャンテン。基本的に無スジは押さない手ですが、が切れていての出が早いのでは通りやすい。テンパイした時は通りやすいを切れるのでこれくらいならを押します。

161-2-min

 前回に引き続きリーチの現物待ちでテンパイ。これも打点上昇効率のよいリャンメンテンパイなので即リーチしてそうです。無スジを押している西家からはダマにしてもさほど出やすくならないというのもあります。

161-3-min

 をツモって待ちで追いかけリーチ。

161-4-min

 西家が追いかけてきてダマにしても出やすくならなくなったので三軒リーチ。

161-5-min

 西家が北家からでアガって裏1の3900。トップに立ちます。

161-6-min

 タンピン三色変化をみてダマ、一通までみる打、三色はなくなるが良形に手変わりしやすい打も考えられます。しかしダマにするには手変わりが少なく、テンパイを外しても打点が上がるのは三色か一通がついた時のみ(メンピンなら即リーチより安くなる)。手変わりを待った方がアガリやすくなるというほど良形変化があるわけでもないので、これなら形にとらわれず即リーチがよさそうです。

161-7-min

 テンパイが入った北家からが出て裏1の5200和了。このアガリがきいてこの半荘をトップで終えることができました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top