麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第1回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第1回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節一回戦A卓

▼対局者
私:おじさん
Ⓟ谷口浩平
Ⓟ川崎たかし
Dさん:タケオしゃん

牌譜はこちら

ツモならドラが出ますが、良形テンパイになる受けが更に増える雀頭無しの1シャンテン。ドラを1枚切ってもドラ3で高め三色もあるので打点もあまり落ちません。
 しかし既にドラ4のリャンメン×2の1シャンテンとなれば他家からリーチが入っても押し返す一手。勝負手だからこそ最大限アガリやすい形を目指すのか、勝負手だからこそ押し返しやすいように安牌を抱えるかで迷うところです。個人的には他家がまだヤオチュウ牌しか切っていないのでアガリまで遠く、先手を取られたとしてもが当たりになる可能性は相対的に低いのでまだ残しそうです。

こちらはまだ2シャンテンですが、ターツが足りているうえに567、678両方の三色受けが残る最高のターツ。これならドラは重ねるしかメリットが無いので安牌を優先しそうです。

ツモでが出ていくとはいえ高打点テンパイ。受け入れを増やす牌なら流石にリスク承知でを残すところでしょうか。結果的にはを残していればこのテンパイでした。

高め三色のリャンメン×2の1シャンテンから鳴いて片アガリのみ手テンパイとなると鳴きづらいですが、巡目が深いうえに3枚目となればテンパイに取るところでしょう。

テンパイを取ると東家からすぐが出てアガリ。額面こそ1000点ですがドラを固めた西家の大物手を阻止することができました。今回はいずれにせよチーテンを取りそうでしたが、ドラが見えていないうえに、西家が安牌要員のよりもを先に切っている、にラグがあった可能性もある(はスルーするが南家からのはチーするため)となると西家がドラ雀頭のケースが高いとみてなおさらテンパイ取りに分がある局面だったと言えそうです。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top