麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第237回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第237回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

最終節四回戦

▼対局者
私:独歩
Ⓟ中嶋隼也
Cさん:トトリ先生19歳
多井隆晴

牌譜はこちら

 親が回ってきてトップ目の下家からメンピン赤裏の11600和了。これで一気にトップに立ちます。

 1本場に競争相手の上家から3巡目にリーチ。降り切れないので一発を消しつつ手を進めますがで3900放銃。

 自分がトップでも上家が2着で終わると総合2位のためには素点で17000点以上差をつける必要がありますが、上家が3着なら自動的に総合2位。上家連荘を阻止するためにもここで下家に差し込みました。

 しかしラス前に中島プロが多井プロから3900和了。これで中島プロが再び総合2位に浮上しました。

 最後の最後は独歩氏が自力でアガって優勝を決めました。参加者、解説の皆様大変お疲れ様でした。来期も楽しみにしています。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top