麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第2回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第2回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節一回戦B卓

▼対局者
多井隆晴
石橋伸洋
ASAPIN
小林剛

牌譜はこちら

チートイツ1シャンテンですが、ドラがポンできれば跳満1シャンテンなので、チートイツを残す打点的メリットは薄いです。しかしドラ役牌は比較的鳴きづらく、悪形2つ残りならメンツ手に絞ってもさほどアガリやすくならないとみて2枚切れの切りとしそうでした。東家南家の切りからが使われづらいというのもを残した理由と言えそうです。

鳴いても高いなら手が進むものは全て鳴くかと思いきやをスルー。比較的メンツになりやすいところで、よりを後から手出ししてポン打ではクイタンには見えずが止められやすくなるというのもあってのスルーでしょうか。

こちらもクイタンには見えづらい仕掛けですが、先ほどよりはメンツになりにくいところ。をツモるならを切ることになり、赤を切っても打点が下がりにくいとはいえ、河が弱くなるので結局アガリやすくならない。こちらは鳴くべきでしょう。

東家からが鳴けてテンパイ。確かに1フーロまでなら、まだテンパイしてないとみての出にも期待しやすいですが、からポンして2フーロとなれば、もうはツモるしかなさそうです。役牌後付けでどこまで仕掛けてよいか。突き詰めるとかなり難しい問題になりそうです。
 シャンポンではなくカンに受ける打。単純に枚数で勝る。の出が早いのでが持たれてなさそうというのもありますが…

が鳴かれていないことから待ちが想定されにくいというのも理由として挙げられそうです。目論見通り東家からすぐにが出て跳満のアガリとなりました。

 しかし、天鳳なのでスルーしたにラグがかかっています。上家から出たなのでチーできる形であった可能性もありますが、から打で、にはラグがかかっていないとなると、p以外の形を想定するのが意外と難しいです。がスルーされた理由も、ドラが出づらくなるのを嫌ったということで説明がつきます。

 そうなると親とはいえ安手悪形残りの1シャンテン。鳴き手が満貫以上確定となると、は止めた方がよさそうに見えますが、「が鳴かれていないからは通る」と思い込んでしまうとどうしても警戒がゆるくなりがちです。振った時にリスクが高く、待ち候補が絞りやすい場合は、「当たらない読み」より、「当たり得る読み」を優先するよう心がけたいと思いました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top