麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第15回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第15回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節一回戦A卓

▼対局者
ASAPIN
タケオしゃん
小林剛
独歩

牌譜はこちら

 配牌でドラ2枚のくっつき1シャンテンという大チャンス。待ちより待ちが残る方がアガリやすいので一見打としそうですが…

 ツモで123三色の受けができました。序盤でリャンメンテンパイに取れるなら多少出アガリにくくともアガリは堅い。それならドラ2とはいえ更に高打点を狙うに越したことはないという判断でしょう。

 のような2メンツ形1シャンテンでも、この巡目ならまだスルーが有力かもしれません(役牌アンコのケースと異なり、スルーしてメンゼンでテンパイすればダマでも満貫になるため)。受け入れが広くメンゼンでテンパイしやすいくっつき1シャンテンならなおのことスルーします。

 ドラ2枚あれば一般的にはカンチャン三色より平和テンパイですが、を切ることでカン待ちがアガリやすくなります。先にをツモることもあるので残し有利です。

 手変わりは。テンパイ外しからの手変わり狙いにしてはそこまで手変わりが多くなく、既にドラ2枚あるので打点もそこまで上がらないですが、場に高いピンズの中張牌同士のシャンポンとなると悪形の中でも比較的アガリにくい一方、カン待ちなら悪形の中でも比較的アガリやすいとなるとテンパイ外しが有力そうです。

 狙い通りカンでテンパイ。ダマでも満貫ですがカン待ちは読まれづらく他家も使いにくいところとなればリーチしてもアガリ率が落ちないとみてリーチ。残り3枚のは全て山。一方のシャンポンはテンパイ時点で山に1枚も残っていませんでした。ここまで差があると読めるわけではありませんが、場況込みの手変わり待ち判断が活きる展開。アガリは時間の問題と思われましたが…

 北家がうまくさばいて1000−2000のツモアガリ。この巡目になってもは何と3枚とも山。会心の手作りでしたが惜しくも不発に終わりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top