麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第16回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第16回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節一回戦B卓

▼対局者
Ⓟ川崎たかし
Ⓟ木原浩一
Ⓟ谷口浩平
就活生@川村軍団

牌譜はこちら

 全員に十分トップの目がある僅差のオーラス。リーチドラ1でも出アガリトップにつきホンイツよりへのくっつき残し。

 トップ目とはいえ自分のアガリ以外ではトップを維持するのが難しい点数状況。手変わりが少ない役無しテンパイなら基本リーチを打つところとみます。

 しかし50−20−0−▲70というラスのマイナスが大きい天鳳ルールかつ、比較的出アガリが期待しやすいがドラ表示牌にあって残り1枚なのが気がかりなところ。それでもシャンポンリーチが悪くないとみますが自信はありません。ダマで手変わりを待つならリャンメン変化が1種多くなるようにカンに受けます。

 東家もカンでテンパイ。

 4巡目はくっつきよりメンツが完成するツモをみて打としましたが、ここでは打が1枚見えたというだけでなく、仕掛けに通ってないマンズツモでも1シャンテンに受けられるためでもありそうです。

 東家に2900放銃なら3着ですが、南でシャンポン待ちに放銃してドラ1だとラス落ち。打でも問題なさそうですが、残り1枚とはいえツモるか鳴くなりすれば通っているを切って1シャンテンに取れます。着順落ちのリスクを意識しつつも、トップの可能性を残す一打です。

 結果的にはシャンポンリーチならラス目がを止めきれずにアガれていたかもしれませんが、ここで東家の当たり牌のツモ。ピンズの筋が以外通り、ソーズもが鳴かれていないとなるとの放銃率は結構高い。降りれば少なくとも2着、放銃すれば2900でも3着落ちということもありが止まりました。

 テンパイを崩したからといってアガリ目が無くなるわけではないということも押さえておきたいポイント。カンを鳴いて親の現物を切って単騎に張り替えします。

 終盤にラス目もツモればトップの単騎でテンパイを入れますが、北家がラス牌のをツモって逃げ切り。手に汗を握るオーラスを見事制しました。

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top