麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第38回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第38回

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第1節1回戦B卓

▼対局者
多井隆晴
石橋伸洋
ASAPIN
小林剛

 次節(11月30日)まで期間が空くので、これまでの対局の中で気になった局面を取り上げていくことにします。

牌譜はこちら

 ピンズと字牌で12枚とピンズ一色手が本線ですが、123、234三色もあるので字牌落としで両方見られるのも有力。字牌から切ると他家が役を絞りにくいというメリットもあるため、手牌だけで判断が難しい場合は客風から切る方がよいかもしれません。

 自風のが重なりました。こうなると一手進めばピンズと字牌で4メンツの候補が揃うので打としそうです。打は役を絞られにくくすることを優先というところでしょうか。

 ソーズでリャンメンができましたが、打点差が大きいのでへのくっつき狙いでシャンテン戻し。こうなると先にソーズを払っていた方が字牌重なりを残せる分有利になります。

 2シャンテンですがラス目につき打点とツモ1回を優先して即西を加カン。をツモって1シャンテンになりました。

 西家の仕掛けでリャンメン落としとなればピンズホンイツ移行が考えられアガリにも近そうです。しかし手出しリャンメン落としの直後なのでテンパイしていない可能性が高い(西加カンをした時点が1シャンテンであっても、手が進む牌だけでなく、よりも有用な牌でありさえすればが切られるため)のもあり北家は打。しかしテンパイ時に更にドラを押すことになる可能性が高いうえにまだ2シャンテン。順位争いしている西家には特にアガられたくないのでを止めて打としそうです。
 ただし先に字牌を切ってからの落としなので染め手移行でない場合も十分考えられます。もし字牌を後から切っていればこのが止められてそうなので、手役を絞られにくくするための字牌切りが活きたと言えるかもしれません。

 満貫の単騎テンパイ。端寄りの単騎に受けますが、こうなれば端寄りという理由で出アガリは期待しづらいので単純に見えていない枚数が多い方がよかったかもしれません。

 メンゼンなら手広いうえに高打点が狙える雀頭無し1シャンテンからリャンメンを鳴いて単騎テンパイ。通常なら流局間際でもなければスルーするところですが、西家が高打点テンパイ濃厚。メンゼンでテンパイしても危険なピンズを勝負することが多いとなるとチーテンに取るところでしょう。

 この巡目では何と全部山生き。即西家がをつかみました。安手ですが競争相手の大物手を蹴る大きなアガリです。

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。1984年佐賀県生まれ。東京大学文学部中退。

サイト:現代麻雀技術論
著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top