麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第80回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第80回

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節一回戦A卓

▼対局者
ASAPIN
タケオしゃん
小林剛
独歩

牌譜はこちら

 次節(11月30日)まで期間が空くので、これまでの対局の中で気になった局面を取り上げていくことにします。

 1メンツも無いのでメンゼンのアガリが厳しく、ドラ3あれば鳴いてもアガれば満貫と役牌残しが最も活きる手牌。役牌とをそれぞれメンツ候補に見立てて、他でメンツを作りやすいようにペンチャンから外します。

 雀頭が無い2シャンテン。は345三色に加えて受けがあります。タンヤオもありますがドラ引きならペンチャン残しに分があるのでとペンチャンの比較は迷うところ。を切っている東家西家がを持っていない可能性が高いというのもあってかペンチャン残しを選択。

 1メンツ完成させることで役牌が重なった時にアガリやすく、役牌が重なるケース以外でアガれる可能性が薄く、ドラ3なのでメンゼンにこだわることもないとみて7pポン。理屈としては分かりやすいですがなかなか反応できない仕掛けかもしれません。打もありますが、打として役牌が重なったところで、ドラが浮く受けを残すくらいなら、比較的安牌になりやすく、手の内に残すことで他家の手役を絞られにくくできるもう一方の役牌を残しそうなものなのでこの時点で打として比較的安牌になりやすい残し。1手進んだ時に何を切るかを意識しておくと、安牌や手変わり狙いの浮き牌をどの程度残すべきかを判断しやすいです。

 残り1枚ですが、鳴いてカン2000点と、メンゼンで満貫程度は見込めるリャンメン×2の1シャンテンならまだ後者有利とみてスルー。

 が薄くなったので三色目より、ツモで薄いソーズのリャンメンと入れ替えられることを優先して残し。リャンメンも場況によっては「良形」とは言えなくなります。三色目が無くても打点が下がりにくいのもあり機敏な選択に思われましたが…

 結果的には残しが裏目となる展開。も安牌というわけではない以上やむなしというところでしょうか。次回に続きます。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top