麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第79回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第79回

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節四回戦C卓

▼対局者
多井隆晴
タケオしゃん
Ⓟ谷口浩平
独歩

牌譜はこちら

 次節(11月30日)まで期間が空くので、これまでの対局の中で気になった局面を取り上げていくことにします。

 ラス前満貫ツモでも逆転されないトップ目。2000点も3900点も大差ないので鳴きにくいドラ受けを外します。

 リーチに通っていない牌を引いて降りと思いきや、現物を抜かずに打が通って3枚見えにつきはダブルワンチャンス(リャンメン以外にも当たりにくい)。を抜いても次巡以降はを切ることが多いので、それならテンパイ復帰する可能性を残したというところでしょうか。

 ドラ3テンパイですが、アガってもトップに届かないことが多く、リーチして南家に5200放銃でラス。アガリづらそうなカンで勝負は厳しいとみてを止めます。

 こちらはテンパイ料でもラスに落ちるので安手フリテンテンパイでも追っかけリーチ。ラス前ならではの押し引き判断です。

 2フーロしてドラを切っている南家はテンパイしてそうですが、ドラが見えたので安手であることが多く、を止めて北を切ったところで親からリーチが入るようならここで放銃するより悪い結果になりかねません。赤2枚で3900の失点になりましたがこの放銃は致し方なしでしょう。

 役無しでリーチを打つテンパイを目指す価値があまり大きくないので仕掛けてもアガれるホンイツかトイトイを狙いつつ、西家へのアシスト狙い。安牌を抱えやすいというメリットもあります。打でもよいですが、リャンメン受けが2種あるの方が鳴かれやすく、下家の手牌を予想しやすいというところでしょうか。
 「リーチを打ちたくない」点数状況と説明されることも多いですが、一般論としては自分が役無し先制テンパイであれば、最もアガリやすくなるようリーチを打つのが最もトップを守りきりやすいものです。しかし、自分のアガリ以外でトップ終了のケースもある以上、テンパイ以前の段階であれば、最速でアガリを目指すことが必ずしもトップ率を最大にするとは限りません。この違いは区別しておきたいところです。

 をチーして打。チンイツドラ1で跳満ツモとなればトップ。南家の立場からすれば手順的にも西家がチンイツ狙いである可能性が高い以上、次巡以降ソーズを引くようなら今度は絞りに回ることになります。

 しかしソーズを引く前にメンホンテンパイ。そのままをツモりトップを守り切ることができました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top