麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第111回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第111回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第四節三回戦A卓

▼対局者
Ⓟ谷口浩平
おじさん
Ⓟ小林剛
独歩

牌譜はこちら

 字牌以外は全てターツかトイツで6ブロックの手。浮いている字牌から切る手もありますが、字牌が重なるか、引きでチャンタ(純チャン)の5ブロックが揃います。

受けもあるのでいきなりカンチャンを落とす手は選びづらいですが、よりもを引くことの方が多く、その時にが残っている方が有利とみて字牌を引っ張りそうです。

 がかぶってしまいましたが、こうなればいずれにせよ純チャンを意識するところ。ターツを外すなら、ツモにフォローがあり、と引いて123三色が残せることから打です。

 手変わりはくらいですが、打点上昇変化が非常に大きいのでダマ。こうなるとがかぶったのが痛いです。

 高め純チャンテンパイになりましたが、リーチ宣言牌ので西家に1000点放銃。仮に2巡目にを残して同じようにツモればツモの時点でリーチツモチャンタの4000オール。優劣そのものは微妙かもしれませんが、序盤に何気に字牌を切ったことで結果が大きく変わることは案外珍しくないものです。それが麻雀の面白いところでもあり、怖さでもあります。

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top